「中学生7割超、2020年に不安。」の電車広告の意味するもの

先日電車に乗っていたらこんな広告を目にしました。

 

栄光ゼミナール ad_201706

 

あなたはこの広告の意味がわかるでしょうか?

 

これは学習塾の栄光ゼミナールの広告です。右側にはこのような文章が書いてあります。

 

中学生の72.8%(*)が大学入試が一新する2020年に不安を感じています。学習環境の変化を受け止め、立ち向かう生徒たち。大丈夫。自ら考え、表現する力を磨けば、受験も将来の困難も乗り越えられる。 *すららネット調べ

 

そう、このコラムでも再三触れている2020年からの大学入試改革について触れている広告で、その当事者たちである、中学生にアンケートしたところ、実に70%以上が不安を感じている、ということを伝えている広告なのです。

 

それはそうですよね、まだ日本で誰も経験したことのない、新しい入試のを彼らは受けさせられる事になるわけですから。

 

そんな不安を解消するように、この広告では次のように言っています。

大丈夫。自ら考え、表現する力を磨けば、受験も将来の困難も乗り越えられる。

 

このメッセージで注目したいのは、

「自ら考え」「表現する」力は、受験、という一時の急場しのぎのテクニックではなく、

一生涯自分の身を助ける力になる、ということです。

 

地図育の目指すところもまさに同じ考えです。

 

地図育は、北欧生まれの競技スポーツ、オリエンテーリングをベースに、地図を使って目的地に向かうルートを自分で考え、足を動かしながら試行錯誤することで「自分で考えられる人材」を育てることを目的としています。

 

このように、個々の「自分で考えて動く力」=考動力を伸ばすことが地図育の一番の目標です。

 

この力を伸ばすことは人を強くし、生涯に渡って人生の主役になりうる原動力となることでしょう。

 

ただし、この力は一夜漬けして身に付くものではありません。

 

普段の生活から、親が子どもに「自ら考える」機会をあえて作る、ということも大事なのです。

 

ついつい「勉強しなさい」「あれしなさい」と口出ししすぎているとしたら要注意。

それは子どもの「自ら考える力」を衰えさせている、という風に自覚した方が良いと思います。

 

 

子どもの「自分で考えられる力」を育てることは、受験のためだけではない。

そう肝に銘じて、親子のコミュニケーションを見直すことも大事なのではないでしょうか。

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す