新しい子どもの考える力「21世紀型能力」は北欧流オリエンテーリングで鍛えられる

前回は、21世紀型能力とは大量にある情報を多角的に分析し、自ら課題を見出し、解決策まで見出す力のことだとお話ししました。

この解決策を導く過程はオリエンテーリングで目的地に向かうまでのプロセスと極めて似ています。

どういうことかと言うと

・大量にある情報を多角的に分析し ⇒地図に記載された方位、地形や道の位置、などの情報を読み取り

・自ら課題を見出し ⇒自分の体力・地図を正確に読み取る力を踏まえて、何に気を付け無ければいけないかを意識しながら

・解決策まで見出す力 ⇒自分に合ったチェックポイントまでのルートを決めて前に進む

 

という風に置き換えられるのです。

特に北欧流の競技オリエンテーリングでは、道沿いにわかりやすくチェックポイントが置いてある、なんてことはまずありません。道から外れた沢や尾根の中に置いてあることもしばしばです。

細かく等高線から地形を読み取り、いくまでのいくつかの地形上の特徴を読み取りながら目的地にたどり着いていきます。

そして自分の体力や地図を正確に読み取る力をきちんと認識した上で、自分が一番早くたどり着けるルートを自ら選択することで他人と勝負するのです。

これを競技の中で繰り返すことで、自然と「21世紀型能力」に求められる思考プロセスが鍛えられる。

これがオリエンテーリングの持つ素晴らしいエッセンスと言えるのです。

いま「21世紀型能力」は「アクティブラーニング」という形の自ら主体的に学ぶ新しい学習形態と関連して語られる機会が多くなりました。

オリエンテーリング発祥の地である、北欧のスウェーデンやフィンランドはこうしたアクティブラーニングが非常に盛んな国です。オリエンテーリングとの関連がやはり強いと思わざる得ません。

このコラムでも引き続き「北欧流アクティブラーニング」に注目しながら、「オリエンテーリング」「21世紀型能力」についても触れていこうと思っています。

 

 

, , , , , , ,

Post navigation

林 大岳

地図の力で「考える力」を伸ばす 地図育®コンサルタント フィンランドの教育思想に感銘し、地図を持って進んだ自身の経験を活かし独自の教育メソッドを開発。 2児の小学生の父親として多くの教育情報に触れ、300件以上の 書籍や文献、関係者への取材を敢行し知見を蓄える。 1972年生まれ東京出身。 ワークショップデザイナー オリエンテーリング・インストラクタ

コメントを残す