フツ―のお父さんでも、子どもに自分で考える力を身に着けさせることが十分に出来る方法がある

私のお友達で、コラムニストでライターのあべっかんさんが新しい電子書籍を出版されました。

 

 
タイトルはずばり
 
あべっかんさんは、普段はIT系企業でSEとして勤務されている傍ら、4人のお子さんを育てている父親として生活している中で、気付いたことや感じたことをブログとして5年以上続けていらっしゃいます。

 

今回の新刊ですが、あべっかんさんが我々に送っていただいた案内文ではこのように書かれています。
今の子どもたちは自分の未来に対してあまり夢や希望を持っていないように思えます。
恵まれているはずなのに、なぜ未来に希望を持てないのでしょうか?親は、大人は、どうすべきなのでしょうか? という問題提起から始まって、解決案としての3つの方法と著者の思いを語った本になっています。

 

その内容の通り、今回は、これまで書き溜められたブログと加筆された内容を合わせ、学校の先生とは違う、普通のお父さん目線から、子ども達の「自分で考える力」に焦点をあてています。

 

例えば、皆さん、日食と月食がなぜ起こるのかお子さんに説明できますか?

 

 

 

 

あべっかんさんは、自分のお子さんに、真っ暗にした部屋にお子さんを立たせ、
さらにボールと懐中電灯を使うことで、太陽、月、地球の動きと関係を理解してもらうことで説明したそうです。

 

 

 
すごいと思いませんか?
ここまで一生懸命できるお父さんがどれだけいるでしょうか。
この「日食と月食」だけでなく、お世辞ではなく小学生の子どもを持つ父親にとっては本当に参考になる情報ばっかりです。

 

あべっかんさんは、塾ではなく、父親自身が考えて動くことで、子どもの「考える力」をつねに探求していらっしゃる方なのです。

 

そしてあべっかんさん自身はお偉い教育専門家の先生などではなく、フツ―のお父さんの立場として工夫されているところが多いに共感できるのがこの本の特長です。
 
 

 

そして、ありがたいことに、今回こちらの書籍に私が提唱する「地図育」を取り上げていただきました。

 

「子どもが自分で考える力を伸ばしたい」という点で、あべっかんさんと私の想いは一緒、ということで、お話しをいただき、題材の一つに「地図育」を選んでいただきました。、

 

内容はあべっかんさんから私がインタビューを受ける形で、
・地図育とは何か
・なぜ地図育がいまの時代に必要なのか
・地図育のこれから目指すもの

 

といったことを述べさせていただきました。
また別のページでは、あべっかんさんご自身が参加いただいた、先日の「親子地図育ワークショップ」でお子さんと一緒に悪戦苦闘された体験記もユーモアたっぷりに載せられています。

 

 
こんなに内容は厚いのに、販売価格はありがたいことに、今ならなんと、99円!
あべっかんさんのお人柄がよく伝わってくるユーモアたっぷりの文章でとても読みやすい。
是非おススメです。
※あべっかんさんのこちらのコラムも面白いのでおススメです。

 

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す