あなたのお子さん「どっちでもいい」が口癖になっていませんか?。2020年からの大学入試に必要な「判断力」はどう鍛える?

 

夏休みに入り、いつも以上に親子で過ごす時間が多くなっているご家庭も多いのではないかと思います。

 

夏休みに限りませんが、我々の日常生活には判断を求められる機会がたくさんあります。

 

・家族で旅行に行くんだったら、海か山か?

・朝ごはんはパンか、ご飯か?

・塾には行くのか行かないのか?

もっと身近な例で言うと、

・アイスクリームで食べたいのは、イチゴ味か、チョコレート味か

あなたのお子さんに「どっちにする?」と尋ねると、どんな答え方をすることが多いですか?

 

「Aにする」あるいは「Bにする」

という回答ならとりあえず一安心。

 

 

「自分で決める」という意志はきちんとあるようです。

 

問題は、「どっちでもいい」という反応の時。

 

たまになら、「まあ、そんな時もあるか」と思えるのですが、半ば口癖のようになっていたら要注意。

 

自分で判断する意欲を失っています。

あるいは、自分の言葉が背負う責任感から逃げています。

 

言葉というのは時に大きな責任を持ちます。

 

ビシネス上でも、口約束でも立派な契約行為になりますし、

政治家は、自分の発言で支持を集め、選挙での獲得票につなげます。

 

「判断しない」というのは、「自分の人生を他人に委ねる」と同じ意味です。

 

昨年の紅白歌合戦にも出場した欅坂46の「サイレントマジョリティー」という曲には、次のような歌詞があります。

 

 

どこかの国の大統領が言っていた(曲解して)
声を上げない者たちは賛成していると…

 

選べることが大事なんだ
人に任せるな
行動しなければNoと伝わらない

 

子どもを大事にするあまり、

「親の私たちが全部決めてあげるから

 

 

普段から「どっちでもでもいい」と言う発言が多い子どもは、自分の人生の主導権を他人に委ねることに抵抗感が少なっているかもしれません。

 

そうならないためにも、「子ども自身が自分で判断して決める」機会を意識して作ることが親の役目としては大事ではないでしょうか?

 

▪️オリエンテーリングは常に自己判断を求められる競技スポーツ

 

私が提唱する「地図育」のベースは、北欧生まれの個人競技スポーツ、オリエンテーリング。

 

オリエンテーリングでは、通過しなければいけないチェックポイントは決められているけれども、そこまでの道のりは自己判断。

 

危険な場所や立ち入り禁止の場所以外はどのように進んでもよく、「なるべく早くたどり着くため」に自分なりのベストルートを地図と周りの風景を見ながら判断し、進んでいくのです。

 

オリエンテーリングは競技スポーツですからやれば楽しい。

その中に、「自分で判断する」という、自分らしく生きていくために必要な心がけを自然と身につけられることが出来るのです。

 

オリエンテーリングでは「どっちでもいい」では一歩も前に進むことが出来ません。

 

もしあなたのお子さんの口癖に「どっちでもいい」が増えてきているなと思ったら、自己判断する意欲や力が落ちてきていると思ってください。

 

そしてそんなお子さんにはオリエンテーリングはオススメです。

 

 

 

 

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す