なぜフィンランド人はオリエンテーリングを8歳から学校で学ぶのか

昨晩、フィンランドにお住まいの日本人の方からメールをいただきました。

メールを送ってくださったのは、KOTORIという会社を経営されている鳥井さん。

このKOTORIは、日本からフィンランドの教育視察を希望される個人・グループ・法人に対して、現地との学校との間に入って、コーディネイト・企画・同行・通訳などを業務にされている企業で、鳥井さんはフィンランドの教育に精通するプロです。

http://www.kotori.fi/

 

私は、鳥井さんが日本で登壇されたフィンランドの教育に関するセミナーに参加し、ご縁ができました。

 

その鳥井さんがお忙しい合間をぬって、現地でフィンランドの教育とオリエンテーリングの関係について調べて、メールを送ってくださいました。本当にありがたいです。

 

鳥井さんは娘さんが現地の学校に通学しており、先日もオリエンテーリングの授業があったそうです。

 

鳥井さんからメールによると

・フィンランドの教育について定めている法律「教育法」でオリエンテーリングのことが触れられている

 

・8歳から授業があり、上は16歳まで。知識や経験のレベルに応じて暮らすが6つに分けられている

 

学校の授業でオリエンテーリングが取り入れられている目的は、

・オリエンテーリングを通じて自然に関心を持つこと

・観察を通じて推察力を高めること

・自信を深めること

・オリエンテーリングの基本と地図の読み方、使い方のスキルアップ

・体力アップ

だというのです。

 

 

■「推察力を高める」「自信を深める」ことがオリエンテーリングを学校教育に導入する目的

ここで注目は

・観察を通じて推察力を高めること

・自信を深めること

 

という点です。

 

何度もこのコラムでは触れていますが、

オリエンテーリングでの地図を読んで、どうやったら最短時間で目的地にたどり着けるか、と考える行為は、まさに「推察力」そのままです。

そして、自分で考え、途中迷うかもしれないが、何とか自力でチェックポイントを見つけた時の感動と感激は達成感と自信につながります。

 

こうした点が、やはり子供の情操教育に良い、とフィンランドでは判断されたのだと思います。

 

教育大国フィンランドにとってはオリエンテーリングはレクリエーションだけでなく、大きな教育目的があることがわかりました。

 

地図読みや体力づくりだけでなく、人間の成長として必要な「推察力」や「自己肯定感」を高めることにオリエンテーリングが活用されていることがこれでよくわかります。

 

私が提唱する「地図育」の目指す方向は、まさしくこうしたフィンランドのオリエンテーリングに対する考え方にあります。

「地図育」も単なるレクリエーションをする場ではありません。

地図を通して、人間として「考え」「行動する」ことで成長する場づくりをするのが「地図育」なのです。

 

今回メールをいただいて、もっともっと、フィンランドの教育とオリエンテーリングの関係について知りたくなったともに、多くの方と「地図育」の思想を共有したいと改めて思いました。

 

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 地図育コンサルタント(男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、北欧生まれの競技スポーツ、オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「地図の力でわが子の考える力を伸ばす」オリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育コンサルタントとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す