フィンランドの教育から知る「地図を読む」ことの重要性

少し前の話になりますが、フィンランドの教育の内容について学ぶセミナーに参加してきました。

 

講師のお一人は、実際に小学生のお子さんをフィンランドの学校に通わせ、ご自身は日本からの学校視察希望者にツアーを組んで提供する会社を経営されている女性の方。

 

フィンランドといえば、北欧の中でも「教育先進国」として有名な国。

 

その国の日本にいて本やネットではわからない生の情報が聴くことが出来て、非常に有意義な時間でした。

 

実は地図育のベースであるオリエンテーリングは、フィンランド、スウェーデンなど北欧の国々が発祥の地。

 

北欧各国では多くの国民が、日本人がジョギングを楽しむように、オリエンテーリングをおこなっていて、スウェーデンでは毎年1万人が参加する大きなオリエンテーリング大会が開かれているのです。

 

そして、学校教育においても、授業の一環としてオリエンテーリングが小学校でおこなわれているそうで、私もその内容を詳しく知りたいと思い足を運びました。

 

セミナー終了後、女性講師に質問しました。

・オリエンテーリングがフィンランドの小学校では授業に取り入れられていると聞いたが本当か?

 

・もし本当なら、その目的や狙いは何か?

 

こうした質問に対し、この講師の方はオリエンテーリングが学校に取り入れられていることはご存知でした。

 

ただその意図や狙いはハッキリとはわからない、とした上で

「生きるため」ではないか

とおっしゃっていたのが印象的でした。

 

どういうことかというと、フィンランドは国の多くが森におおわれています。

 

それはとても恵まれていることだけども一歩間違えれば道に迷って命が危険にさらされる可能性も高い訳で、

森の中にいてもきちんと帰ってこられる

ことがこの国で生活するためには必要なこと。

 

つまりは、

「地図を読む」ことは「森で生きていくために必要不可欠なスキル」

ということなのです。

 

それを習得ために小学生からオリエンテーリングを学ぶ、ということではないか、ということなのです。

 

私はこの話を聞いたときにハッとしました。

 

日本で、しかも都会に住んでいると、道に迷ったから命の危険にさらされるということは想像しにくい話。

 

ましてや、何でも「スマホがあるからネットで調べちゃえばいいや」と言いがちな時代。

 

「地図を読む」ということの必然性がどんどん感じられなくなっている時代。

 

でも、地図の本来の役割を考えれば、そこにはやはり「生き抜くために道に迷わないできちんと進む」というものがあるはず。

 

そして、いまの日本はいつ大地震に遭うのかわからないリスクを抱えています。

 

そんな時に電気が止まったら、スマホが動かなくなったらどうするのか。

 

 

また登山をするときも、スマホに電波が届かないエリアで道に迷ったらどうするのか。

ちなみに山の遭難事故の原因で一番多いのは「道迷い」によるものだそうです。

 

地図は本来は人生を生き抜くためのツール。

 

だからこそ、ナビの言いなりに動く受身ではなく、「地図を読む」という自分が主体となって動く姿勢が大事なのです。

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す