地図を活用して子どもを成長させる、ということの意味

 

私がこのコラムを通じてお伝えしている”地図育”の重要性

 

初めてお話しする方は大抵「どういうこと?」という顔をされます。

それはそうですよね、今まで聞いたことのない言葉ですから。

 

地図育を一言で説明するならば、

「地図を活用して、子どもを自分で考えられるたくましい人間に育てる場」

ということになります。

 

どういうことでしょうか?

 

実は昨日参加した飲み会の場で、とある方から「地図から何かを学べる、という意味がよくわからない」という率直なご意見をいただきました。

 

その方(Aさん)とは次のような会話をしました。

 

●例えば、Aさんのご自宅の最寄りの駅あるいはバス停などから、あなたのご自宅までの道のりを、お友達であるBさんに電話で道案内することになった、とします。

 

●その時、あなた(Aさん)だったら、どのように伝えますか?

 

すると、Aさんは

 

●まっすぐ進んで、最初の角を右に曲がり、しばらく行くと○○の看板が見えてくるのでその角を左に・・・・

 

といったようなことをお話しになりました。

 

つまり、Aさんは

①たくさんある情報の中から、Bさんが迷わずに到着できるように必要な情報を取捨選択した

②そして、その情報をつなげて、最終目的地であるAさんのご自宅に到着できるようにした

 

すなわち、地図を使って目的地に向かう、という行為1つで

 

●必要な情報の取捨選択をおこない、

●個々の必要な情報をつなげて目的を達するための道筋を自らつくる

 

というプロセスが含まれているのです。

 

実はここで記載したことは、いま多くの小学生が通いはじめている「プログラミング教室」で学べることと多くのことが被ります。

 

子ども向けのプログラミング教室の多くで学べることは、プログラム言語を覚えることではありません。

ゲームの延長のようなツールを使って、

目的を達するための手順「アルゴリズム」を組み立てることに重点が置かれています。

アルゴリズム

問題を解決するための方法や手順のこと。
                           出典:ASCII.jpデジタル用語辞典
すなわち、
「地図を使って目的地に達する」行為と
「プログラミング教室でプログラミングの基礎を学ぶ」行為の
目的はほぼ同じ
と言える訳です。

 

この会話をした後、Aさんは、「地図育」の考えを理解し、共感をしてくださいました。

 

だいじなのは、道筋を立てることではありません。

その先の答えを自ら導きだし、動くことです。

 

こうしたことをパソコンの前だけではなく身体全体で覚えましょう、というのがオリエンテーリングというスポーツのエッセンスを元にした地図育の考え方です。

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す