子どもって何歳から地図が使えるの?

どもは一体いつから地図を使うことが出来るのでしょう?

 

日本の小学校では大抵4年生から地理の授業が始まります。

各都道府県名とそれぞれの県庁所在地名を覚える、という例のアレです。

 

小学4年生というと9歳から10歳になります。

 

果たしてこの年齢にならないと人は地図を読むことが出来ないのでしょうか?

 

ここで一つのグラフをお見せしたいと思います。

これは北欧のスウェーデンでは、

いったい何歳からオリエンテーリングを始めるのか?というグラフです。

 

北欧生まれのオリエンテーリングは、地図とコンパスを使って、目的地を目指しながらなるべく短い時間で戻ってくる競技スポーツ。

 

当然のことながら、地図が読めなければいけません。

少し文字が不鮮明かもしれませんが、

一番左がスウェーデン語で「6歳以下」と書いてあり、ついで「7歳」、「8歳」・・・と続いています。

 

一目瞭然!

 

なんとスウェーデンでは、

「6歳以下」で地図の読み方を初めて学び、

 

 

それが

全体の20%を占め、最も多い

というのです。

 

では、なぜこんなに早い年齢からスウェーデンでは子どもに地図を読めるようにしているのでしょうか?

 

その答えは簡単です。

 

それは

学校の授業としてオリエンテーリングを扱うことで、子ども達に楽しく地図読みを教えているから

です。

 

でも「なぜ学校で6歳から地図読みを?」

そんな疑問を持っていたら、日本在住のスウェーデン人の友人が教えてくれました。

 

それは、

生きて森から帰ってくるため

だそうです。

 

スウェーデンやフィンランドといった北欧の国は住んでいるすぐそばに森が広がっています。

 

だから、森の中にはいってマッシュルームを採りにいくこともしばしば。

でも奥に分け入ったはいいが帰れなくなったら一大事。

 

そのために子どもの頃から地図が読めるよう訓練しておくのだそうです。

 

すなわち、

 

北欧では、

「地図を読むこと」=生きのびること

 

森が身近にある国ならではの考え方ですね。

 

 

2年前、私は息子が小学校に上がる前、まさに6歳の時にあるオリエンテーリングの大会に連れていき、一緒にコースをまわりました。

 

そのときの様子に触れたコラムがこちらです。

 

子どもの考える力を伸ばすには「できるようになった快感」を感じる場をつくること

 

 

この日帰宅後、息子は自分のなぞった道を赤ペンで地図上でしっかりと描いていました。

 

 

このように、小学4年生になるのを待たなくても、子どもは十分に地図を読んで前に進むことができます。

 

頭の柔らかい小学校低学年のうちから地図に触れさせていくことは、「生きていく力」を養う上でもとても重要なことなのです。

, ,

Post navigation

折江 晃

地図育®コンサルタント(1972年生・男)。 一人でも多くの子ども達に、「自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育講座・ワークショップを主宰。 小学4年生のときに、北欧生まれの競技スポーツ、オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。 大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感。 この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育®』を開発。全国の児童に普及する活動を展開中。 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 【保有資格】 ・ワークショップデザイナー ・オリエンテーリング・インストラクタ 【連絡先】contact@mappower.jp

コメントを残す