子どもの説明力は地図で伸ばす

 

私が通学していた中高一貫校には、野球部やサッカー部と同じようにクラブ活動としてオリエンテーリング部がありました。

 

このコラムで何度も触れています通り、オリエンテーリングは元々は北欧生まれの競技スポーツ。

いかに早くコースを回ってこられるかを競う訳で、大会に出て上位の成績を勝ち取るための練習をするのが日課でした。

 

具体的な練習内容は晴れの日は主に走って体力をつけること。

オリエンテーリングは個人で走る競技なので、やはり体力は重要です。

 

では、雨の日はどうするのか?

 

雨の日のプログラムとして主に地図読みの練習をやりました。

 

 

オリエンテーリング部の部室には過去に先輩が出場した大会のコースを記した地図がたくさんありました。

また数多くの大会では、自分たちとは違う年代の方がtが出場するコースの地図が販売しており、これらを購入したものがたくさん保存されていました。

 

 

こうした数多くのコース図を使って、「自分ならどうやって進む」というシミュレーションをする。

これが「地図読み」トレーニングです。

 

 

先輩と2人一組になって、どこかの大会の少し難しいコースの地図を見ながら、自分だったらどう進むかを先輩に説明する。

 

その時に大事なのは

 

なぜそのルートを選んだのかを理由をもって説明できるかどうか

 

です。

 

 

競技オリエンテーリングの場合、道沿いにチェックポイントが置いてあることなんてまずありません。

この下の地図にあるように、

上級クラスになればなるほど、

道からは外れた、等高線などを読まないとたどり着けない場所

においてあるのがほとんどです。

 

 

orienmap3

 

 

だから、「何となく進んだ」ではだめで、

 

どうしてそこを曲がり、どうやってそこまでたどり着けるのか、という根拠がきちんと説明が出来る必要がある。

それが出来なければ「道に迷った」ということになる訳です。

 

 

「ここに進むと北側に小径があるから、その反対側の南側の沢を下っていって・・・」

「コンパスを見ながら、尾根を2つ北西の方向に越えていくと、川が流れているはずだから、その川沿いに下っていくと・・」

 

このようにきちんと根拠示しながらどう進んでいくのかを説明していきます。

 

少し説明があやふやになると、

「そこからどうやって行くの?」

「それで大丈夫?、そんなんじゃ道に迷っちゃうよ」

という上級生からの鋭い指摘が飛んできて、ドギマギ。

 

だから、上級生に説明するときにはとても緊張しました。

 

 

 

 

これってビジネスで言ういわゆるロジカルシンキングと同じですよね。

 

根拠を元に、理屈をつなげていって説明をする

 

 

説明上手な人は「なぜそうなったのか」「だからどうなるのか」ということをきちんと織り込みながら話をするので、聞いている方は納得できます。

 

地図を見ながら自分の進むルートを決めて進むことは「自分に道案内する」ことと同じ。

だから、道案内することと、ロジカルに話をすることはほぼ同じ思考回路だと私は思っています。

 

地図を使っての家庭でもできるロジカル思考と説明力のトレーニング。

ぜひやってみていただきたいものです。

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す