我が子を賢く育てたい親はコンビニのコピー機を上手く使おう

先日、こんな記事がネット上で流れました。

<コピー機>サービス拡大 コンビニ間の競争激化

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00000012-mai-bus_all

 

コンビニのコピー機というと、私は学生時代、試験前に友人のノートを借りてたくさんコピーした記憶を思い出します。

 

この記事によると、持ち込んだ原稿を単にコピーする機能だけでなく、オリジナルデザインの手作り封筒やプレゼント用包装紙などを印刷したり、アニメや映画のキャラクターのブロマイドのプリントするサービスまであるそうです。

 

実は、このコピー機の多機能化、オリエンテーリングをベースにした地図育とも非常に密接な関係があります。

 

セブンイレブン限定なのですが、

 

全国にあるオリエンテーリングコースの地図がコンビニのコピー機で入手できるのです

 

どういうことか説明します。

 

日本全国には日本オリエンテーリング協会が設定した、パーマネントコースという、常設されたコントロール(チェックポイント)のあるコースが約190あります。

 

JOAtop

http://www.orienteering.or.jp/pc/

 

 

その時使用する地図は、スタート地点近くの、お店や施設などで購入することが多いのですが、一部のコースは、セブンイレブンのコピー機から入手することができるのです。

 

 

下の写真を見てください。

これは全国のパーマネントコースのリストですが、「地図取扱」の欄に「ネットプリントJOAP〇〇」と書いてあるところがありますよね?

 

ネットプリント

 

これが、セブンイレブンのコンビニから入手できるコースの地図です。

 

実際に私が購入したのがこれです。

 

20170911_220753925_iOS20170911_220828715_iOS

 

かなり本格的でしっかりしています。

 

こちらのコースは全部まわると10キロほどの行程になるのですが、当然のことながら全部を回る必要なく、その時の参加者の体力や、時間に合わせてショートカットできるのも、登山とは違う魅力だと思います

 

セブンイレブンでの地図の印刷代は1枚200円。

いつも1枚10円で使うコピー機に支払うお値段としては、少々高く感じるかもしれませんが、200円で親子で簡単に頭を使いながら歩くことができる、と考えたら決して高くはないはず。

 

我が子を賢く育てるための地図歩きのためのツールとして、コンビニのコピー機を上手く活用するといいですよ。

 

 

 

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育プロデューサー(44歳・男性)。 学生時代に競技オリエンテーリングに出会う。普段は鈍足なのに、地図読みが得意であったため、オリエンテーリングになると上位になれることからどっぷりハマり、いくつかの競技大会で上位に食い込む。 しばらく競技からは離れていたが、2児の父親となり、子どもの心身の成長に何か役立てないかと考えていたところ、地図の持つ奥深さを思い出し、「地図を使った子育て」を思い立ち、我が子に実践。 現在は、年に数回、オリエンテーリングの個人競技大会に出場する一方で、地図を使って「地図を使って、子どもが自ら考えて動ける力をつける」地図育を準備中。近々「親子向け地図育ワークショップ」を展開予定。

コメントを残す