論理的思考スキルを学ぶのに地図は最高のツール

今日はクイズをします。

下の2つの画像を見てください。

1枚目は都内のとある場所から撮影した現地写真

2枚目はその撮影地点周辺の地図

 

1枚目の写真を見て、2枚目の地図のA~Eのどの地点から撮影したものなのかを当ててみてください
少し写真が不鮮明なので、1つヒントを申し上げると、左の白い建物は江戸東京博物館。そう、この場所は両国周辺です。

正解はこのコラムの最後に記載しますが、ここで正解を絞り込むポイントをお知らせします。
 

①方角

1枚目の地図の右下にコンパス(方位磁針)が描かれているのがわかりますか?

赤い方が北を指しています。

この写真を見ると、赤い針は下を向いています。

つまり、この写真は北から南を見ている写真ということになります

そして通常、地図は上の方が北です。
 
 

②建物の位置

先ほどもお伝えした通り、左側の白い建物は江戸東京博物館。

では、右側にある緑色の屋根の大きな建物はなんでしょう?
 
ポイント①で分かった「北から南」を見た位置で考え、地図と照合して、その名称を推測してみてください。
 
そう、この建物はあの日本の国技で有名な建物です。
 
 

③道の曲がりを確認する

あとは、右下の道路の曲がり方も重要な情報です。写真では右側に曲がっています。
 
ということは、地図上では北から南西に曲がっているはず、という予測がつくはずです。
 
さあ、ここまでくれば地図上のA~Eのどの場所かは特定できたのではないでしょうか?
 
 

 ■現在地を知る技術は生きる技術

いまは、3つの情報を元に、なぜ現在地はそこなのか、その理由は何なのか、というプロセスをご紹介しました。
 
 
山の遭難の一番の原因は「道に迷うこと」だそうです。
 
オリエンテーリングでもそうですが、特に登山などでの場合は、現在地を見失い、道に迷うことは命取りにつながります。
もし迷った場合のこの「現在地を見つける」というプロセスは極めて重要になります。
 
 

■物事にはすべて理由がある

実は、この複数の事実から現在地を導く考え方は論理的思考(ロジカルシンキング)の訓練にもなります。
 
結論を導くのに、その原因を「なぜ?」と問い続ける。
 
 
一つの視点ではなく、複数の視点を組み合わせて、整合性のある結論を導く。
 
これらはすべてビジネス上において、皆がおこなっている思考の仕方です。
 
ピラミッドストラクチャー、という思考法はご存知でしょうか?
 


 
事実を積み上げて、エビデンスをつくり、最終的に結論を導く方法です。
 
逆に結論から「なぜ?」を繰り返して、エビデンスの妥当性を証明することもあります。
 
先ほど申し上げた、「地図上で現在地を確認する」プロセスも、まさにこのピラミッドストラクチャーと同じであることはお判りいただけると思います。
 
「物事にはすべて理由がある」
 
こうしたことを肝に銘じて行動することが、結論があやふやにならずに、多くの人を納得させて物事を進めることが出来ます。
「地図を見て学ぶ」ということには、こうしたロジカルシンキングを学ぶことも含まれている訳です。

(クイズの答えは「C」です)

, , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す