子どもにどうやって成功体験を積ませますか?

6歳になる私の息子は、幼稚園では「ドッチボールの鬼」なんだそうです。

何でそんな異名なのかというと、投げられてもしっかりボールをキャッチし、逆にバンバン当ててしまうから。

すっかりヒーローだそうです。

 

親としては、たくましい我が子の様子を聞き、嬉しい限りです。

 

ところが子どもの頃の私は我が子とはまったくの正反対。

 

どの球技がとても苦手で、野球ではバットにボールが当たらないし、サッカーではまともに蹴れない。

友達同士で遊ぶ時にもチーム決めをする時、私は「いらない」戦力だったので、いつもジャンケンで負けた方のキャプテンが私をしぶしぶ引き取るのがいつもの光景でした(子どもながらに毎日傷ついていました)

 

ドッチボールになるとさらに難易度が高くて、私はもっぱら逃げ専門。

投げられたボールをきちんとキャッチすることなんて、1度か2度あったかないか。

 

女子よりも下手で、馬鹿にもされていたのでドッチボール、と聞くと憂鬱になるタイプでした。

 

走ってもかなりの鈍足でしたので、

自分が活躍するところがちっともなくて、馬鹿にされることばかり。

わかりやすく言うと、私は大の運動音痴。

自分に対する自信も失うので、私は体育全般が嫌いでした。

 

■オリエンテーリングは私にとって成功体験をもたらしてくれた貴重な存在

 

そんなときに出会ったのがオリエンテーリングでした。

「地図とコンパスを使って野山を駆け巡る、頭と体の両方を使うスポーツ」

そんな説明が一般的かと思いますが、このスポーツの良いところは、

 

足が速くなくても勝てる

 

というところにあります。

 

どんなに足が速くても、正確に地図から情報を読み取れなければ目的地には達せられません。

幸いにも私は地図を読むことが他の友人より少しだけ得意だったので、

オリエンテーリングになると、足の速い友人たちに勝つことができるようになりました。

 

オリエンテーリングは”小さな成功体験”の連続です。

地図を読み、「こうやって行けば」チェックポイントがあるはずだと自分で算段を付け、足を進める。

思った通りの場所にチェックポイントを見つけた時の感動は、何回オリエンテーリングを経験しても嬉しいものです。

 

こんな経験を繰り返していたら、どんどん楽しくなり、自分にも自信がついてくるようになりました。

 

 

「うちの子、運動が苦手で」と嘆いていらっしゃるお父さん、お母さんはいっぱいいらっしゃいます。

もしかしたら、保護者以上にお子さん自身が学校で馬鹿にされて、自信を無くしてしまっているかもしれません。

 

「自信を持つ」ことはすべての行動の原動力です。

そのためには小さくてもいいから「成功体験」を積むことが一番の特効薬です。

 

オリエンテーリングは、自ら考えて結果をつかみ取る、という成功体験をするには非常に適したスポーツだと思います。

 

 

 

 

 

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す