我が子の問題解決能力を伸ばしたい親に知っておいてほしいこと

最近、海外の面白い文献を見つけました。

それは、

「Research on problem solving skills of orienteering athletes in terms of some variables」

https://www.shs-conferences.org/articles/shsconf/pdf/2016/08/shsconf_erp2016_01008.pdf#search=%27Research+on+problem+solving+skills+of+orienteering+athletes+in+terms+of+some+variables%27

 

 

というタイトルで2016年にトルコの大学から発表された研究論文のようです。

和訳すると、

「オリエンテーリング選手の問題解決能力に関する研究」

といったところでしょうか。

 

この文章を私の拙い英語で何とか読んでみると、以下のようなことがわかりました。

男女計200名のオリエンテーリング選手に対して問題解決能力を測るテストをおこなったところ、

 

・オリエンテーリング選手は問題解決能力が高く、

・オリエンテーリングの経験が多いほど、その能力が高い

 

そしてこの論文ではその理由についてこのように書かれていました。

論文抜粋

(和訳)元々のオリエンテーリングの性質により、(オリエンテーリング)競技者は、自分が知らない(土地や場所などの)状況においても自分にとって最適な解決策を見つけるのが上手であった。解決策を見つける時には、彼ら独自の能力や身体的特性や、解決能力は効果的であった

 

私のつたない英語能力での翻訳なのでわかりづらかったらごめんなさい。

 

それでもわかるのは、

オリエンテーリングをおこなっていると、その競技の特性から、競技者は自然と問題解決能力を高められる

 

ということなのです。

 

私はこの論文を読んだ時に、やっぱり、と思いました。

 

 

これまで、私の経験則の中から、オリエンテーリングや地図読みは、思考力・判断力を鍛え、問題解決能力の向上につながるとこのコラムで繰り返し述べてきましたが、

 

ここにきて、

 

学術的にオリエンテーリングの教育効果が証明された

 

ということがとても大きいことです。

 

 

日本では、いかにこれから個人が高い問題解決能力を持てるかが問われてきます。

 

これまでの常識が通じない新しい社会。

 

たった一つの正解ではなく、違う価値観を持った国や地域の人々と共に、多くが納得する「納得解」を作って、それを元に共同でコミュニティを形成していく時代。

 

元リクルートの、藤原和博さんはこうした社会を「成熟社会」と呼んでいます。

 

これから今の子ども達が迎える時代を前に、オリエンテーリングや地図読みを経験することで「問題解決能力」を高めていくことはきっとこれから必要になってくることでしょう。

 

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す