オリエンテーリングというスポーツで子どもが成長できる理由① | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

オリエンテーリングというスポーツで子どもが成長できる理由①

オリエンテーリング

■あなたはオリエンテーリングを知っていますか?

つい先日、2020年の東京オリンピックで追加される種目が検討され、野球やソフトボールなどに絞られた、ニュースがありました。

 

今回落選してしまった中に、オリエンテーリング、という種目が含まれていたことはご存知でしょうか?

 

 

私はこのオリエンテーリング、というスポーツにいま再び取り憑かれています。

 

 

オリエンテーリング?

スポーツ?

 

 

こう思われる方は多いでしょうね。

 

日本でオリエンテーリング、というとこんな感じではないでしょうか?

 

・研修や学校イベントでレクリエーションとしておこなった。

・3〜4人のグループで、地図とコンパスを持って、ワイワイやりながら歩いて進んだ。

・コースは道なりで特に迷うことなく、難なく終わった。

 

 

■競技オリエンテーリングの魅力

私が携わっていたオリエンテーリングはこうしたレクリエーションとしてのオリエンテーリングとは少し違う「競技オリエンテーリング」でした。

 

 

競技オリエンテーリングがレクリエーションでやるオリエンテーリングと大きく違う点は、

・1人でやる

・走って所要時間を競うタイムトライアル競技である。

・チェックポイントが道沿いにあるなんてまれ。大抵は、道から外れたところに設置されており、たどり着くには正確に地図を読むことが求められる。

・競技大会があり、そこでは明確に順位がつけられる。

このオリエンテーリング、日本ではマイナーかも知れませんが、ノルウェーやフィンランド、スウェーデンなどの北欧ではメジャー競技。

 

世界で見れば、ワールドカップも開催されているワールドワイドな競技スポーツなのです。

 

 

↓論より証拠。国際オリエンテーリング連盟(IOF)が制作した紹介ビデオをご覧ください。

IOF presents Orienteering

この1人で道無きところに、

地図とコンパスを使って、早く目的地に着かなければいけないのがポイント。

 

 

求められるのは、地図から必要な情報を選びとる力と判断力。そして、走り切る体力。

 

まさしく頭と身体をフル稼働させなければ勝てない厳しいスポーツなのです。

私はこの競技オリエンテーリングを5年間、グループオリエンテーリングも含めれば計8年間経験しました。

 

 

このオリエンテーリングの経験を、これを子ども達の健やかな成長のために生かして還元したい。これを1人の親としての私の想いです。

 

では、このオリエンテーリングの経験がどう子ども達の成長に生きるのかは、次回お話ししますね。

 

タイトルとURLをコピーしました