あなたが思う「自分で考える子」ってどんな子ですか? | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

あなたが思う「自分で考える子」ってどんな子ですか?

オリエンテーリング

地図の力で、あなたのお子さんの「考える力」を伸ばします。
『地図育コンサルタント』の林 大岳です。

突然ですが、「自分で考える子」ってどんな子だと思いますか?

あなたは、以下の3つのうち、どのような子どもにわが子が育って欲しいですか?。

1)親のあなたの言うことはすべて正しいと「考えて」、無条件で言うことをすべて受け入れる子

2)親のあなたに言われたことをやるかやらないか「考えて」判断できる子

3)親のあなたに言われる前に、何をやるべきかから「考えて」から、自分で決めて行動できる子

どうでしょう?

少し解説しますね。

1)は「指示待ち」の子です。

すべてがあなたの言いなり。

親のあなたにとっては、素直ないい子かもしれませんが、社会に出たら、言われないと何も動けない、いわゆる”使えない”部類の人間になってしまいます。

2)は自主的」に動く子です。

親のあなたにいわれたことをそのまま受け入れるのではなく、「やるか」「やらないか」ということを考えている分、1)よりは少し進歩しています。

ただ、あくまでも親が決めた選択肢の中で選んでいるだけなので、親が言われた範囲内で動いたに過ぎません。

3)は主体的」に動く子です。

目の前の課題に対し、親のあなたに言われる前に、何が問題だろう、どうやったら解決できるだろう、と自ら考え、行動できる子です。

さあ、あなたはわが子をこの中からどのタイプに育ってほしいですか?

当然、3)ですよね?

常に課題意識を持って、自分だったらどうするか、と考えられる人間が社会では求められています。

でも、日本の今の学校ではこうした”主体的”に考える子はなかなか育ちにくい環境になっています。

なぜかって?

それは、日本の教育システムは”自主的に考える”ことは教えることは得意でも、
”主体的に考える”ことを教えることは苦手だからです。

なぜならば、日本は長年、いかに多くの知識を覚えるか、ということを教室で教えてきました。

先生が教壇に立ち、一方的に生徒に教える。

授業はすべて先生のコントロールの下。

自分勝手に考えてコントロールできない子どもがいては困るわけで、「主体的」でなくあくまでも「自主的」に考えること中心に教育されてきたのです。

そして先生自身がその教育をどっぷりと受けて育ってきました。

”主体的に考える”ことが得意なはずありません。

一方で、北欧では常に主体的に考えることが求められます。

フィンランドでは幼少期の頃から、「あなたならどう思う?」と自分の考えを求められるそうです。

テストも日本のように、穴埋め問題はなく、エッセイを書かせることがほとんど。

教科書に書いてある知識は自宅で習得済みであることを前提に、1つの問題に対し、学生ひとり一人がどのような考えを持ったのかを問う、というのだそうです。

テストがこういう内容ですから、「自分だったらどうする」ということを常に主体的に考えていないと何も書けないですよね。

”主体的に考える”

これを教育大国フィンランドでは重視しています。

■地図の力で”主体的に考える”子に育てよう

地図が”主体的に考える”力を身に付くのに役に立つ、

と書いたら驚かれるでしょうか。

北欧の小学校では、体育の授業に地図を使ったスポーツ、オリエンテーリングが導入されています。

実はオリエンテーリングのように、地図を持って目的地に向かうことで、主体的に考えることが訓練されているのです。

どういうことでしょうか。

あらかじめ目的地は決まっている。

でもたどりつくまでのルートの選び方は自由。

親もコーチも教えてくれませんから、全部自分で判断して、行動しなければいけません。

この先、地形がどのようになっていて、どういった状況が待ち構えているのか。

地図から情報を読み取り、なるべく短い時間でたどりつけるように、自分の体力も考えた上でベストと思われるルートを自分で選択する。

”目的地になるべく早く着かなければいけない”という課題に対して、
自分なりの解決方法を考え出して実行しているわけですから、

まさに”主体的”に考えていると言えます。

このオリエンテーリングは、地図育では重要なカリキュラムです。

地図1枚を持って、チェックポイントを探しに行く行為は、まるで宝探しに行く探検のような楽しさがあります。

地図育では、オリエンテーリングの要素を使って、

・楽しみながら

・子ども達が主体的に考える力が身に付く場づくり

をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました