プログラミングを小学生から学ばせたいなら、一緒にオリエンテーリングも体験させた方が良い3つの理由 その②

急速に盛り上がりつつあるプログラミング教育。

これを学ばせたいならオリエンテーリングも体験させた方がなぜ良いのか?

前回のお話しの続きです。

 

②アルゴリズムを作るとはどういうことか、ということを実体験として学べる

プログラミングもオリエンテーリングもやっていることは違いますが、「当初の目的を達する」ということでは目指すことは一緒です。

プログラミングには「アルゴリズム」が欠かせない、と言います。

アルゴリズムとは何でしょう?

「ピタゴラスイッチ」でよく出てくる「アルゴリズム体操」で聞くあの言葉です。

前回もご紹介した『子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい』の著者、松林弘治さんによると、

アルゴリズムとは、「問題を解く手順を表現したもの」だそうです。

 

プログラミングの場合は、何か機械を動かすとか、ロボットを動かすとかいうことが目的でしょう。

そうしたらまず、その目的をいかに効率よく、間違いが起こらないように達成すれば良いのか、

その具体的な手順をアルゴリズムと言うのです。

 

そして、

場合によっては複数の手順の中から最も良いと思われるものを選び出します。そして手順をコンピューターがわかるように書き下した手順書(プログラム)を作ります

 

もうお分かりですね。

 

オリエンテーリングの場合でも、チェックポイントにたどりつくルートは複数考えられます。

けれども最も効率よく短時間でたどりつけるのかは個々人の体力や読図能力によって大きく変わってきます。

こうした個人の技能や実際に通れそうな地形の情報を踏まえ、どのようなルートを通っていくかを事前に考え、その通りに自分で実行してタイムを競うのがオリエンテーリング競技です。

 

つまり、

オリエンテーリングで「自分の進むルートを考える」ということと「アルゴリズム」を考える、ということは全く同じこと

と言える訳です。

実際松林さんも著書の中で、アルゴリズムは日常生活の中に溢れている、とし、その一例として「移動経路を考える」ということも挙げられています。

プログラミング、アルゴリズム、というとコンピューターの前に座ることばかり考えてみませんか?

楽しく「自分で考えて手順を考える」、という機会を得られるでもオリエンテーリングはプログラミング教育と相性の良いスポーツと言えるのです。

, , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す