プログラミング教室に通わせるなら、身体も動かせる機会を一緒に作ったほうがいい

昨年11月の記事になりますが、日経トレンディネットで次のような記事が出ていました。

急拡大するプログラミング教育市場で起きていること

プログラミング教育の現状と展望

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/111600087/112200018/?rt=nocnt

2020年から日本の小学校で必修化されるプログラミング教育。

これを受けて、プログラミング教室が各地で開かれているようです。

プログラミング教室って、一体何を学ぶんでしょう?

簡単に言うと、「コンピューターに言うことを自由自在に聞かせられる能力を身に付ける」ということなんでしょうが、

そのためにはコンピューター言語の習得が必要だと思うのですが、そんなこといきなり小学生に出来るのでしょうか?

現在業界最大手のTechKidsCampのサイトを見ると、次のように書いてあります。

Tech Kids School では、プログラミング言語やスキルを身につけることだけが目的ではなく、テクノロジーを武器として、自らのアイデアを実現し、社会に能動的に働きかける人を育てていきます。アイデアを実現するためのプログラミングの知識や、実現するために設計構築をする力、自ら実現したアイデアを他者へ主体的に表現する力や姿勢を身につけていきます。

なるほど、プログラミング言語の他に、キーワードとしては、自らのアイデアを実現するために、

  • 能動的
  • 設計構築
  • 他者へ主体的に表現

といったものが並んでいます。

なるほど、確かにプログラミング教育はこれからの社会に役立ちそうなスキルを伸ばしてくれそうですね!

 

私も小学3年生の自分の娘を、とあるプログラミング教室の体験授業に参加させたことがあります。

インストラクターの方が熱心に指導してくださり、日ごろパソコンには慣れていない娘が熱中し、少しずつ上手になっているが横から見てもわかりました。

 

 

でも、私が親として気になったのは

 

 

子どもが1日中、パソコンの前で没頭するのは何か心配!

 

ということ。

 

コンピューターは日常生活の中に当たり前にあるし、それに慣れることが大事なことなのですが、

少しは子どもらしく、外で動くということもしてもらいたいと思います。

 

何とか両立することは出来ないものでしょうか?

 

■地図を使ったスポーツ、”オリエンテーリング”は「考えながら、動く」スポーツ

 

そこでおススメなのが、北欧生まれの知的スポーツ、オリエンテーリング。

オリエンテーリングは名前をご存じの方も多いと思いますが、本場北欧では、グループではなく個人の競技スポーツとして人気を集めています。

オリエンテーリングの特徴は、

①通過すべきチェックポイントが事前に決められている。

②すべてのチェックポイントを通過して、ゴールしてくるまでの所要時間を競う。

③チェックポイントにたどり着くまでのルートは各自に任せられている。

つまり、自分でルートを考えることが出来なければ勝負に勝てない訳で、

自ら地図から情報を読み取ってルートを自ら設計する、というプロセスが大事になってきます。

まさに、先ほどプログラミング教室でも出てきた

・能動的

・設計構築

といったことが身体を動かしながら体験できるのです。

すなわち、オリエンテーリングで

プログラミングと同じ要素を身体を動かしながら学ぶ

ことが出来るのです。

プログラミング教室と相性が良い、オリエンテーリング。

ぜひ一緒にやっていただきたいと思います。

地図育では、このオリエンテーリングのエッセンスも重要なパーツとして、カリキュラムに組み込んでいきます。

, , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す