古典落語「転失気(てんしき)」に見る、勝手な思い込みの危険性

本日、プロの噺家による落語を聞く機会がありました。

小学4年生になる娘と一緒に行きましたが、実は私も生の落語を聴くのは初めて。

生の臨場感を存分に味わいながら、とても楽しい時間を過ごしました。

 

いくつかの演目がありましたが、その中でも「転失気(てんしき)」というお話がとても面白く、印象的でした。

 

どんなお話しかということがネット上でわかりやすくまとまっていましたので、簡単に記しますと、

 

知ったかぶりの和尚が、病を患って医者に診てもらう。「てんしきが有りますか」との問に、判らないとも言えず「有りません」と答える。小坊主に近所に借りに行かせるが、誰も判らずごまかされる。医者に聞きに行かせると「おなら」と判るが、小坊主がいたずらをして「御盃です」と教える。次に医者が来たときに、「てんしきを見せます」といって盃を出す。医者が「我々の方ではおならがてんしきですが、寺では盃がてんしきですか?」「さよう」「どのような訳で?」「どちらも過ぎますとブウブウが出ます」

 

このお放しは、「知ったかぶりの和尚」が、「てんしき」という言葉をお医者さんに言われ、「意味がわからないから教えてください」という一言を言えないために、弟子の小坊主を巻き込んで何とか本当の意味を知ろうとすることで周りの人々を巻き込んでいきます。そして和尚が最後まで本当の意味がわからずに誤った使い方をする滑稽さがおかしいお話しです。

 

いつの時代でも「知ったかぶり」する人というのは周りから見れば滑稽です。

 

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」などと言いますが、この和尚は「一時の恥」を恐れたために、勝手に解釈をしてしまい、どんどんドツボにはまっていくのです。

 

思い込みや勝手な解釈って怖いですよね。

 

「これが正しい」と思い込んでしまうとそれしか見えなくなってしまう。

でもそれが思わぬ結果を招いたり、大恥をかいてしまうこともある。

 

笑い話ですめばいいんです。

でも済まない場合は大事故になってしまう危険性もあります。

 

こうした勝手な思い込みは勝手な解釈はオリエンテーリングの時にもよくやりがちです。

 

例えば、地図上で自分の現在地がわからなくなってしまった時。

 

何とかすぐに現在地を把握しようとして焦ります。

周りの風景と照合する地図上のポイントを探します。

 

でもこういう時ほどミスは起こりやすいんです。

 

コンパス(方位磁針)と地図の方位を合わせていなかったり、

似通った隣のポイントをいま自分がいる場所だと思ってしまったり。

 

 

ちょっと周りを見渡してゆっくり確認すれば、こうしたミスは防げるのに、つい焦ってしまうからちょっとした確認も怠ってしまうんです。

 

 

人間誰しもミスをする。ミスをすることを恐れてはいけません。

 

ただ、その自分の考えが果たして大丈夫なものなのか、という客観的な視点は常にもっていなければ危険です。

 

そしてわからなくなった時には素直に人に聞く勇気。

 

オリエンテーリングのレース中は中々他者に現在地などを聞くことは出来ませんが、

普段の街歩きの時などはわからなければ、地元の方に聞いてしまう、ということがあっても良いのではないでしょうか。これもまた1つの客観的な視点です。

そこから自分の思い込みや勘違いに気付くこともあるでしょう。

 

常日頃から、独りよがりにならないように気を付けたいものです。

 

 

 

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す