アニメ好きの子どもなら、聖地巡礼で考える力を育てよう

聖地巡礼という言葉知っていますか?

メッカに行くイスラム教の話ではありません。

 

昨年の流行語大賞を受賞したので知っている方も多いのではないでしょうか?

流行語大賞のサイトでは

映画やテレビ作品、ゲームなど、物語の舞台となった場所を訪れること

と解説されています。

 

この聖地巡礼、言葉としては新しいですが、以前から似たようなことはおこなわれていました。

 

例えばビートルズの「アビイロード」のジャケット写真。

51KrWpoRnhL._SX425_

 

全世界から、このジャケ写の真似をしに、イギリスへと大挙してきます。

その様子はGoogleで「abbeyroad 」で画像検索すると下のような画像がたくさん出てくるのでわかります。

 

abbeyroad1
abbeyroad3

 

最近の例で言うと、やはり「君の名は」でしょうか。

有名なのは、

こちら↓と

君の名は メインビジュアル

 

こちら↓

君の名は 聖地実写

 

ネットを見ると、「聖地巡礼マップ」というサイトまであるようです。

https://seichimap.jp/

 

聖地巡礼マップ

 

このアニメの聖地をめぐる旅、テレビや映画のロケ地を巡る旅として姿を変えることもできますが、

基本的な歩き方は、オリエンテーリングと何ら変わらないと思います。

 

聖地一つひとつがチェックポイントだとすれば、そこを目的地として向かう。

だから、地図育的にももしお子さんがアニメ好きだとしたら、どんどん聖地巡礼をして、たくさん地図歩きをしてもらいたいと思います。

人間誰しも好きなこと関心が高いことほど一生懸命になりますからね。

一緒に地図を持って歩く機会とすることで、子どもの自分で考える力が勝手に伸びるチャンスです。

 

ただし、注意点があります。

 

・聖地に向かうのにはナビを使わないこと!

折角自分で頭を使って考えるチャンスなのに、ナビに頼ってしまったらその意味はほとんど無くなります。

だから聖地巡礼の地図育効果を出すためには、ナビには頼らずに、地図をプリントアウトなどしてぜひ回っていただきたいと思います。

 

そしてもう1つ。

 

・きちんとまわりを見て、交通事故などに遭わないように気を付けて歩きましょう

 

誰しもそうですが、一生懸命になると周りが見えなくなってしまい不注意になりがち。

大きな怪我などしないように保護者はきちんと目を配ってあげてください。

 

楽しく地図と接しながら、自然と自分で考えて動く力がついていく。

聖地巡礼はそんな可能性を秘めた良い機会だと思います。

, , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す