不安から確信へ~地図トレ講座をおこなって見えてきた、地図で子どもに自信を持たせる方法

先日、「地図トレ講座」を実施しました。

地図トレ、とは、「地図を使って頭のトレーニング」の略。

 

地図を使って道案内をする作文をつくることで、必要な情報を的確に選んで上手に伝える「説明力」の向上の練習などをしましたが、

 

この「地図トレ」の特徴が、

実際に外に出て、ミニオリエンテーリングをおこなってもらうこと。

 

今回はセミナー会場の会議室周辺の地域の公園やコインパーキングなどをチェックポイントとして、1周約20分くらいのコースを参加者にまわってもらいました。

 

その今回のコースの地図がこちら↓

 

 

20170225 ミニオリエンテーリング

 

△地点がスタートです。今回のルールは以下のようにしました、

・まずは1番に向かうこと。

・あとは自由だが、記されたすべてのチェックポイントをまわること。

 

こうすることで、どのようにまわったら効率的か、という作戦立てをしてもらう、ということが狙いです。

 

何の事故もなく、無事におわりましたが、参加いただいた30代男性Tさんが、事後のアンケートで次のようなコメントを残してくれました。

 

FullSizeRender 8

 

このコメントで私が嬉しかったのは

・「不安」が「確信」に変わった瞬間の楽しさ

を地図を通して感じ取っていただいたことです。

 

オリエンテーリングをおこなう場所は大抵初めての土地です。

 

オリエンテーリングは自分で地図から情報を読み解き、

「ここをこう進んで、この場所をこちらの方向に進めばチェックポイントはあるはずだ」

という仮説を持って足を進める訳ですが、途中はやはり不安がいっぱい。

 

しかし、地図と、目の前に広がる光景が合致して現在地を見失わないよう繰り返し確認することで、

人は不安から確信に変わり、

そして、自分でやり遂げた、という「達成感」と「誇り」を得ることが出来るのです。

 

私が地図を通して子どもの人間的成長を促す場「地図育塾」で目指しているものの一つに、

子どもが自信を持って行動すること

があります。

 

最近、どの子育てセミナーに出席しても、「子どもの自己肯定感が低い」ということが教育現場の課題として挙がってきます。

 

なぜ自己肯定感が低いのか、それは「自分で何かを探し求めて、結果を得た」という成功経験が少ないからです。

子どものみならず、大人も、他者から何かをもらったり、してもらったりばかりでは成功体験は生まれません。

 

地図を読んで進むことは、

「こうなんじゃないか」という思っていたことが

「やっぱりこうだった」 あるいは「まったく違った」

と思うことの繰り返しです。

 

自分の思い通りにコトが進んだ時の快感は、大人になっても味わうことが多いのではないでしょうか?

「プレゼンが上手くいった」「当初の作戦どおりに話したことで、無事に社長から決済が下りた」

 

同じように地図を持って歩く”地図歩き”でも、

「ここに目指すべきチェックポイントがあるはずだ」と自分で考えて想定し、実際にその場所に置いてあるのを見つけたときの快感を、Tさんは今回の地図トレ講座で感じとってくださったようです。

 

この要素、子どもの成長にはとても重要な要素です。

地図はやはり、人の心を育てる強い力を持っているのです。

 

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す