4歳のスタンプラリー体験:好奇心があればいつまでも歩ける

先日の日曜日(10/4)のことになります。
 
東京都武蔵野市、吉祥寺にある「井の頭自然文化園」に4歳の息子と2人で行ってきました。
 
 
なぜ2人で行ったかというと、
妻が娘の授業参観で出かけてしまい、2人で留守番をしている時に突然息子が「動物園に行きたい」と言いだしたから。
 
 
動物園というと、東京だと上野動物園や多摩動物園がすぐに頭に浮かびますが、我が家から行くには少し時間がかかる。
近場で十分に楽しめる動物園、ということでこの井の頭自然文化園に来ることにしたのでした。
 
 
料金は大人400円、未就学児の息子は無料。
お財布に優しいでしょう?とてもいいところです。
 
入場すると、スタンプラリーの地図が置いてありました。
 
以前もこのコラムで触れましたが、スタンプラリーというと、以前7歳の娘が主導で、深大寺周辺で体験しました。
 
その時息子はお姉ちゃんの後に付いていくばかりでほとんど何もしなかったのですが、今回は1人。
 
どこまで出来るかはわかりませんでしたが、オリエンテーリング好きの私の息子とあってはやらせない選択肢はありませんでした。
 
ルールはいたって簡単。園内にあるスタンプを、地図を見ながら順番に目指して、着いたら地図の裏側にあるスペースに押す、というもの。まさに子ども版オリエンテーリングです。
 
 
地図を持たせ、あくまで主導は息子。私は後ろから付いていくだけです。
 
 
途中、自分がいまどこにいるかわからなくなったときにだけ、「いま目の前にアライグマがいるね、だからこのへんじゃない?」というヒントは与えますが、答えは親が言わない、親が先導しない、という自主ルールを頭に作って一緒に歩きました。
 
そしたら意外や意外、息子は泣き言ひとつ言わず、地図を見ながらどんどん進んでいき、順調に順番にスタンプを押していきました。
 
途中、ソフトクリーム休憩なども入れて、遊びの要素も満載で歩きました。
 
元々、もっと幼いころから歩くことはそれほど厭わない息子は、どんどん歩きだし、あっという間にスタンプラリーは終了してしまいました。
 
地図と実際の方角を合わせることを「整置」といいますが、今回もスタンプラリー用の地図と、実際の方角を整置してあげると、息子はどんどん進んでいきました。意外に空間図形に強いかも。
 
こちらのコラムでは何度か申し上げていますが、子どもの力を侮ってはいけません。子どもの能力はすごいです。
 
こうした簡単な地図読み体験を出来るスタンプラリーは、オリエンテーリングで学べる要素も十分に詰まっています。
 
 

「楽しめるオリエンテーリング」として、我が家はこれからも積極的にスタンプラリーに励んでいきたいと思っています。

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す