子どもの自分で考えて動く力「考動力」を伸ばすには粘土もとても良い

おちゃっぴさんという、粘土をつかってワークショップを開催されている方がいます。

まだこのワークショップに参加したことはありませんが、先日ワークショップデザインを一緒に学んでいる仲間と粘土を使ったワークショップを行ってみた経緯から、おちゃっぴさんの存在をしりました。

おちゃっぴさんのサイトでは、粘土の効果を次のようにまとめています。

 

①集中力

②色彩感覚

③発想力

④指先から脳へ

⑤手順を考える

⑥決断力

⑦自信がつく

 

私が特に共感したのは「⑤手順を考える」「⑥決断力」「⑦自信がつく」のところ。

最初は基本的な手順を教えますが、その後は粘土をいじる子ども達の自由。

「一度わかってしまえばあとは自分の頭の中で手順をなんとなく組み立てられるようになる」

とおちゃっぴさんは書いています。

そして何を作るかは自分で決める「自分で決める。自分で変える。これが楽しい」とのこと。

作品が出来ると子ども達はみんな笑顔になる、とのこと。おそらく自分でやり遂げたことが自信につながっているんでしょう。

■子どもを伸ばす力の基本はやはり”考動力”

これってまさに、「自分で考えて行動することで自信を得る」”考動力”のことをおっしゃっているんだな、と感じました。

私が経験してきたオリエンテーリングも、まさにこの”考動力”を伸ばすことに適しています。

 

北欧生まれのオリエンテーリングは基本的に一人ですべてをおこないます。

地図を渡され、コンパスを持って、チェックポイントに向かう。

ただしたどり着くまでのルートは自由。歩こうが走ろうがそれも自由。

とにかくいかになるべく短時間で決められたチェックポイントを順番に回ってこられるか、だけを競うスポーツ。

まさに全て自己責任で、「考えて動く」考動力が問われるスポーツ、それがオリエンテーリングなのです。

 

今度はこのオリエンテーリングの魅力、そして子ども達に経験させる意義について考えてみたいと思います。

 

, , , , , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育プロデューサー(44歳・男性)。 学生時代に競技オリエンテーリングに出会う。普段は鈍足なのに、地図読みが得意であったため、オリエンテーリングになると上位になれることからどっぷりハマり、いくつかの競技大会で上位に食い込む。 しばらく競技からは離れていたが、2児の父親となり、子どもの心身の成長に何か役立てないかと考えていたところ、地図の持つ奥深さを思い出し、「地図を使った子育て」を思い立ち、我が子に実践。 現在は、年に数回、オリエンテーリングの個人競技大会に出場する一方で、地図を使って「地図を使って、子どもが自ら考えて動ける力をつける」地図育を準備中。近々「親子向け地図育ワークショップ」を展開予定。

コメントを残す