わが子の成長のために、あなたの「常識」を疑おう | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

わが子の成長のために、あなたの「常識」を疑おう

モノの見方・考え方

地図の力で、
自分の人生を「ナビ」できる
自立した子どもを育てる専門家、

『地図育コンサルタント』の林 大岳です。

今回は、皆さんが知っている、
地図の「常識」から話を進めたいと思います。

誰もが知っている地図のルール

このマーク、見覚えありますよね?



そう、地図が描かれている方角を示すマーク。
多くの地図にはこのマークが描かれているため、
「地図の上は北」というのが何となく
「常識」になっているのではないでしょうか?

なぜ地図の上が「北」なのか?

では、そもそも地図では、
上側が「北」を指している、というルールが
出来上がったのでしょうか?

その歴史は、まだ方位磁石がない頃の時代まで
さかのぼります。

昔ヨーロッパ周辺の人々は、
何もない場所では北極星を目標物に方角を
確認していたそうです。

自分の立っている場所から、北極星を真正面に見上げ、
地図を広げる。

こうすることで、自分が次にどっちの方向に進んだら良いのか
把握しやすくなる、

何となくわかりますよね?

つまり、「北を上にすることで地図が見やすくなる」
こうした生活習慣がヨーロッパで根付いていったのです。

そして、徐々に方位磁針が普及しててくると、
方位磁針が北極星の代わりとなり、方角を正確に示すように
なりましたが、それまでの生活習慣は変わらず、
「上を北にして描く」ことが常識になりました。

そして、2世紀頃に、
ギリシャ人地図製作者のプトレマイオスが、
北を上にして世界地図を製作したことが、
「地図の上が北」という配置が定着した、
とも言われています。

日本では明治時代、欧米からの技術を導入して、
北が上の地形図を作りました。

その地形図が日本の地図の基本となっているため、
地形図通りに北を上にすることが慣例化したのでは、
と言われています。

実は地球には2つの「北」が存在する

なるほどなるほど、
なぜ「地図は上側が北なのか」、
の理由がわかりましたね。

ヨーロッパ人の生活習慣から生まれたものが
何となく「常識」として定着しただけなんですね。

地図には2つの「北」がある

さらに1つお話があります。

あなたは地球上に「北」は2つあるって知っていますか?

えっ!と驚かれた方も多いことでしょう。

地球には「真北」と「磁北」の2つがあります。

「真北(しんぼく)」とは、
北極点のある地点、
すなわち、北極星が真上にある地点のことを言います。

一方で「磁北(じほく)」とは、
方位磁針のN極が指す方向のこと。

実は磁北は 真北とは少しズレがあり、
現在の磁北の極点はカナダの北にある、と言われています。

どうしてこのようなズレが生じているかというと、
地球には地質の持つ元々の「地磁気」という性質があり、
この地磁気はどうしても地球の極と地磁気の極は一致しないためです。

そして、この磁北は、常に一定しているわけではなく、
数年から数百年の時間スケールで変化していて、

「地球の46億年の歴史の中で、
地磁気の向きは何度も逆転し、北磁極と南磁極が入れ替わってきた。 」
というから驚きです。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/100400573/

あなたは「自分の常識」を子どもに押し付けていないか?

いかがでしょう?
「地図の上は北」ということを、
いまの我々は当たり前のように感じています。

でも、

・「北」には「真北」と「磁北」の2つがある
・「磁北」は一定ではない。過去には南北が逆転していたこともある

こんなことを知ったら、「常識」が常に一定ではないことで
ないことがわかりますよね。

これは普段の子育てに当てはまる考え方です。

「成功者」と言われる方々に多い傾向なのですが、
「自分のやってきたやり方が絶対に正しい」と
信じて、わが子にも同じやり方を半ば強要させる方が
いらっしゃいます。

「私が成功したんだから、このやり方だったらウチの子も
成功する!」

みたいな。


でも本当にそうでしょうか?

あなたが学生時代に勉強したのは何年前ですか?

あなたのお子さんはあなたと同じ性格ですか?

あなたのお子さんは、あなたの言うやり方を
喜んでやっていますか?

要は、お子さんの個性を把握しているか?
ということです。

時代だって変わっています。
やり方が変化していても何ら不思議はありません。

「カエルの子はカエル」とは
限りません。

むしろ別人格な訳ですから違う場合の方が多いはずです。

そのことをきちんと理解した上で、
自分の「常識」を押し付けないように注意しましょう。

まとめ

自分の思っている「常識」は実はあなただから通用していたことかもしれません。
わが子の成長のためにも、きちんと個性を見極め、時代の流れも把握しながら、
その子に合った接し方をしていきましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました