地図が読めれば女性にモテるようになる!? | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

地図が読めれば女性にモテるようになる!?

地図に関する話題

このコラムでは、地図を通して、子どもの考える力をつけることを考えていっていますが、今回は男子限定で少し柔らかいテーマで話を進めたいと思います。

それはズバリ、

地図が読めるようになれば、男は女性にモテる!

ということ。

どういうこと?と思われた方も多いでしょう

ここで一つのウェブ記事をご紹介します。

ことし5月にマイナビウーマンが発表した、地図が読めないと彼氏として失格!? 女子が思う、彼氏としてできて当然なことランキングという記事です。

この記事によると、「Q.あなたが「彼氏としてできて当然」だと思うことは?」という質問を22歳~34歳の働く女性対象にしてみたところ、次のような結果になった、ということです。

1位「車の運転」……72.6%
2位「地図が読める」……34.4%
3位「家電の修理」……20.4%
4位「日曜大工」……14.0%
5位「アウトドアテクニック」……12.4%
6位「料理」……8.6%
7位「マッサージ」……3.8%
※その他を除く

なんと、「地図が読めること」は堂々の第2位!

具体的に回答してくれた女性陣の声を拾ってみると、

・「地理が弱いからできてほしい」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

 

 

・「地図が読めないなんてマジ無理」(33歳/生保・損保/営業職)

 

 

・「道などに詳しくいろいろな場所に連れて行ってもらいたいし、頼りたい」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

 

 

・「なんとなくできて当たり前と思っているから」(27歳/アパレル・繊維/営業職)

数年前には「話を聞かない男、地図が読めない女」といった書籍がベストセラーになりましたが、やはり女性は地図に対して苦手意識が強い方が多いのでしょうか。

 

だからこそ、男性には地図をしっかり読んでリードしてほしい、男は地図が読めて当たり前、という意識があるようです。

今は、GPSナビが発達していて、現在地と目的地を登録したら自動で道案内してくれますが、時折、「こんなところ通らなきゃいけないの?」という謎の道案内もしばしば。相手は所詮機械です。

迷ったときに「だって、ナビがこう行けって指示するんだもん」という言い訳は男だったら絶対に女性に吐いてはいけない台詞です。

ここで、男はバシッと、「とにかく俺について来い」という姿を見せることが出来たら、大きな自己PRになるのではないでしょうか。

こんなデジタルな社会だからこそ、地図を片手に、ぐいぐいリードしてくれる姿に憧れる女性はこのアンケートを見る限り多そうです。

どうせ子どもを育てるなら、少しでも強みを作って異性にもモテて欲しいじゃないですか。

そして、それでモテてしまったらそれもまたお子さんの強い自信にもなるはずです。

考える力が付くと同時に、モテる男にもしてしまう地図の力。

では、どうしたら地図は読めるようになるのか?次回以降少しずつご説明していきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました