800軒以上の家を訪問した家庭教師が断言した「賢い子の家のリビングには必ずある」○○とは?

先日、ネットで興味深い記事を見つけました。

800軒以上の家を訪問した家庭教師が断言「賢い子の家のリビングには必ず●●がある」

 

どうやら、家庭教師40年以上のキャリアのある松永暢史さんという方が、その経験を元に、いわゆる「勉強ができる子」の家庭の特徴を「将来賢くなる子は「遊び方」がちがう」(KKベストセラーズ刊)という書籍としてまとめられたそうです。

 

この記事によると、

①リビングに本棚があること

②地球儀や地図があること

日常的に本をすぐに手に取って読む習慣や、わからないことが出てきたらすぐ調べる習慣を身に付けるために、本や地図をリビングに置いておくことはとても良いことだそうです。

 

そういえば、以前このコラムでご紹介した別の書籍でも同じようなことが書かれていました。

 

その本がこちら↓

「頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある」

(小川大介著、すばる舎)

 

218030

こちらの著者は個別学習塾の経営者の方。

やはり、リビングに地図を置くことの重要性について触れています。

 

 

こちらの本でも触れているのが、疑問を持った時にすぐに調べられる環境に子どもを置いているのかどうか

 

たとえば、テレビを見ていて、アメリカ大統領選のニュースに触れていれば、

・アメリカってどこ?

・日本とどれくらい離れているの?

・どうして大統領になる人を長い期間かけて選ぶことにしているの?

こうしたことが、地図を見て、アメリカの位置や国土の広さなどに触れながらお話ししてあげれば子どもの知識は広がることでしょう。

 

さらに、アメリカはかってイギリスの植民地で、独立して一つの国になったことなど歴史に触れればさらに知識は広がります。

 

このように地図は、知識を獲得し、さらに広げる大きなきっかけにもなる総合的な学習ツールなのです。

 

「リビングに地図を」

 

これが我が子を賢くそだてる重要なキーワードになりそうです。

, ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す