わが子の視野を広げたければ、親のあなたも常に頭の中に地図を意識して会話をしよう

2017年12月10日に放送されたTBS系のテレビ番組「林先生が驚く初耳学」で興味深いことを林修先生がおっしゃっていました。

 

それは、

「東海道新幹線のE席に座る子は賢い

というのです。

 

どういうことでしょう?

 

林先生によると、

・東海道新幹線のE席とは、東京から大阪に向かう際の一番右側の席。

・東京から出発すると、右手に富士山が見えてきて、E席なら最もよく見える。

・富士山から、葛飾北斎の「富嶽三十六景」などに話が広がり、子どもの知識が増やすことができる。

 

 

移動時間を暇な時間にしてしまうのではなく、有効な学びの時間とするために、東海道新幹線ではE席を取りましょう、という話でした。

 

 

なるほどと思いました。

 

しかし、これができるのも、親の頭の中に地図が入っていることが重要です。

 

東西南北の位置や、新幹線の線路がどの辺りを走っているか、など。

 

でも難しいことではありません。

 

旅行に行く前にちょっとだけ、ネットや地図帳などで移動するのに使う電車や高速道路の道を予習しておけばそれだけ、この先に何が見えるのか予測がつきます。

 

そこからさらに興味が広がれば、その子の地となり、肉となるです。

 

これは、ナビに頼って言うなりになって聞いているだけでは出来ない体験です。

 

情報を先取りして、予測する力

地図を通して、習得することができます。

 

わが子の知識を増やすためにも、親のあなた自身がもっと地図を頭の中にいれて、会話してみたらどうでしょうか?

 

 

 

 

 

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す