地図には子どもの「考える力」を伸ばす要素がたくさん詰まっていると思う

■カーナビは便利だけどそれだけでいいの?

カーナビって便利ですよね?

目的地の名前を入力すれば、GPS機能を使って現在地までの道筋を決めてくれる。

あとは指示されたとおりに動けばいいだけ。

 

でも本当にそれっていいの?って思ったりしませんか?

コンピューターが勝手に決めたルートをただたどって行くのに、何の頭も使いません。

 

カーナビがまだ無かった頃、あるいはそれほど普及していなかった頃、我々は大きな道路地図を買って、

どういったら一番早く目的地にたどり着けるか試行錯誤したものです。

 

どこで何を目印に曲がるか、渋滞を避けるためには多少遠回りになってもどの抜け道を通っていったら一番早くつけるか。

時には、地図を持つ助手席に座るパートナーと喧嘩になったりして。

いまとなっては懐かしい思い出です、

 

■かって地図を読んで進むことは日常的な「考える」習慣だった

 

「地図を自分で読む」ということはとても手間のかかることだったけど、確実に今よりも頭を使っていました。

 

どんなルートを通ったら良いか、ということをまず考える。

どこで曲がったら一番早いか、ということをを選び出す、

もし間違った場合、いまどこにいるのかを把握して、そこからまた新たな道を考える。

 

これってビジネスで必要と言われているPDCAと同じだと思いません?

つまり

P(Plan)・・・どんなルートを通ったら良いか、ということをイメージする

D(Do)・・・実際に歩いてみる

C(Check)・・・正しく進めているか自分でチェックする

A(Action)・・・もし間違っていたら修正して、いまいる地点から新たに目的地に向かう

 

つまり、地図を読むということを通じて、ビジネスでも必要なことを我々は訓練出来ていたわけです。

 

ひと昔前は地図を使ってこれだけのことを我々は普通にやっていたことに少し驚きです。

むしろ、これが日常生活の中でやらなくなってしまっていることで「考える機会」が減っていることに危機感を覚えます。

 

■子どもにはもっと考える機会が欲しいと父親としては思う

生まれた時からインターネットが存在している「デジタルネイティブ」と呼ばれている子ども達はもっと心配です。

最初からこうした日常的な「考える」習慣が無い訳ですから。利便性だけに頼っていると、どんどん人は考えなくなる、受け身になる、

そんな危機感が1人の父親として私はあります。

 

・果たしてこのままでいいのだろうか?

・これから益々大変な時代になっていく世の中で、わが子は自分で動いて道を拓ける人生を歩めるだろうか?

 

黙っていても子どもは巣立っていくのでしょう。

でもそれまでに親として与えられるものは与えておきたい。

 

そう思ったときに、私の中で生きた教材として出てきたのが、身近な「地図」という存在だったのです。

子ども達の将来を救うためにも、かっては当たり前だった、地図を使って「考える」機会を親の手で創り出す、そんなことがあってもいいのではないかと思います。

, ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp