わが子の「くよくよした性格」に悩んでいるなら

 

■わが子の「くよくよした」性格、心配ではありませんか?

 

くよくよ、とは

 

いつまでも気にかけて、あれこれと思い悩むさま(出典:デジタル大辞泉)

 

生きていれば、大人だけでなく、子どもでも小さなつまづきはあるもの。

 

お友達の誰々ちゃんにちょっと嫌なこと言われたとか、

先生から授業態度についてちょっと注意を受けたとか。

跳び箱がうまく飛べなかったとか。

 

ホントいろいろです。

 

それにいちいち反応していたらきりがありません。

 

わが子にはちょっとしたトラブルにはへこたれない「心の強さ」を持って生きていってほしい。

 

そんな風に思いませんか?

 

■くよくよしないために必要なこととは?

 

あなたは何だと思いますか?

「まあいいか。それより次に進もう」という切り替え

 

気持ちをひきづらないことです。

 

誰でも失敗はあります。

そして過去は変えることは出来ません。

 

どうせ考えても変えられないはずなのに、

失敗した過去を引きずっているから、いつまでも気持ちがもやもやしている。

 

それが「くよくよしている」という状態なのです。

 

だから、

 

「くよくよする」性格を直すには、

・過去は過去と割り切る

・「次からはどうしよう」とこれからを考える

 

と失敗から「気持ちの切り替え」をすること大事なのです。

 

■地図で「気持ちを切り替える」とはどういうことかを学ぶ

 

では、すぐに「気持ちの切り替え」の心が身に付くか、というとそんなすぐには出来ません。

やはり日々の生活の中で、意識していかないと、なかなか難しいです。

 

ましてや子どもとなると、言葉で言ってもすぐには理解は難しいでしょう。

 

そんな時に活用してほしいのが「地図」です。

 

「地図を持って、目的地に向かう」と、

途中に「失敗」が当たり前のように起こります。

 

・道を一本手前に曲がってしまった

・地図の東と西の方角を逆にして、真逆の方向に歩いていた

 

どれも地図を持って歩いている、「あるある」です。

 

でも、そんな小さな失敗で、いちいち落ち込んでいたら前に進みません。

「お家についたら、美味しいお菓子が待っている」と思ったら、

子どもは何とかして家にたどりつこうと必死に頑張るでしょう。

 

このように、

「地図を持って歩く」と発生するとほぼ必ず起こる

 

「小さな失敗」をあえて経験することで、

子どもの「くよくよしない心」が育つのです。

 

■まとめ

本日は、子どもの「くよくよする性格」を直すために、「地図を持って歩く」ことで「小さな失敗」からの「気持ちの切り替え」について触れてみました。

 

小学生の子どもは、親が言葉で言うよりも、自らの体験で感じることの方が得るものが多いもの。

 

親のあなたが

 

「しっかりしなさい」

「そんなことでくよくよするんじゃない」

 

と言う代わりに、

「地図を持って一緒に歩く」、ということをしてみたらどうでしょうか。

 

そんな機会、作れてますか?

, ,

Post navigation

折江 晃

地図育コンサルタント(1972年生・男)。 一人でも多くの子ども達に、「自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育講座・ワークショップを主宰。 小学4年生のときに、北欧生まれの競技スポーツ、オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。 大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感。 この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。全国の児童に普及する活動を展開中。 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 【保有資格】 ・ワークショップデザイナー ・オリエンテーリング・インストラクタ 【連絡先】contact@mappower.jp

コメントを残す