地図育から見た小学生とスマホ・携帯の付き合い方

ここに一つのグラフがあります。

これは2016年5月に発表された、小学生から高校生まで各学年で、自分専用の携帯電話あるいはスマホを持っている調査結果です。

小学生の携帯・スマホ所有率グラフ(H26「青少年の体験活動等に関する実態調査」)

出典:独立行政法人国立青少年教育振興機構「青少年の体験活動等に関する実態調査(平成 26 年度調査)」

高校生の90%以上が所有しているのはまあ、仕方ないのかな、と思うのですが、

注目したのは小学生の携帯・スマホの保有率。

小学4~6年生で平均して30%くらい。

小学1年生~3年生でも20%ほど所有している、ということなのです。

果たしてこれが高いのか低いのか?

良いのか悪いのか?

はっきりとことは言えません。

それぞれのご家庭の事情もあって、どうしても持たせざるを得ないこともあるでしょうし、

子どもにねだられて仕方なく買い与えた、ということもあるんでしょう。

ただ、地図育的に危惧するのは、

携帯・スマホに頼って自分の頭で考える機会が減る

ということ。

たとえばナビ。

現在地と目的地を入力すれば、すぐに目的地までのルートを出してくれて、誘導までしてくれます。

人はそれに従って歩くだけです。

たしかに楽です。

でも果たしてそれで良いのでしょうか?

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」とは昔はよく言われたものですが、

その言葉の裏には「苦労するのは大変だがその経験から次に役立つことがある」という意味が含まれています。

確かにナビ機能は便利です。

でもその便利に頼ってばかりだと、どんどん頭を使わなくなります。

そのうち、自分で考えて試行錯誤する、という行動が失われていくに違いないと思います

まさしく「便利の裏側に潜む危険性」

これには親としてはきちんと認識した上で、携帯・スマホを買い与えるべき。

だから、順序としては、

まずきちんと自分で考えて動くことを経験してから、買い与えるべき。

便利さから先に覚えてしまうと、時間をかけて「自分で考える」ということをやらなくなってしまいます。

ですので、目的地に行くにも、自宅で地図をプリントアウトして子どもと一緒に行先までのルートを考えてみる、

という経験が必要なのではないかと思います。

便利さの恩恵はいつでも享受できます。

今のうちにきちんと「自分で考える」ことを体験させることが大事なのではないでしょうか?

自分で考えて動く”考動力”を伸ばすことを目指す「地図育」を提唱する者としてそう思います。

, , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す