子どもをたくましく育てるために必要なこと:園児が園以外で友達と遊ぶ機会が減っている(ベネッセの調査から)

先日、ベネッセが乳幼児をもつ保護者を対象に調査した「第5回 幼児の生活アンケート」の結果を発表した、との報道がありました。

 

この「幼児の生活アンケート」は、

乳幼児の生活のようすや保護者の子育てに関する意識と実態を調査するため、ベネッセ教育総合研究所が1995年から5年おきに実施している調査。第5回の調査時期は2015年2~3月で、0歳6か月から6歳の未就学児童をもつ保護者4,034名の回答を得た。

 

調査項目は、子どもの基本的な生活時間や習い事、遊び、母親の教育観・子育て観、子育てで力を入れていることなど。ベネッセ教育総合研究所次世代育成研究室の高岡純子室長によると、「20年間の幼児の親子の変化を捉える調査はほかに類を見ず貴重な資料」。

とのこと。

 

この中で注目すべき点として挙げられていたのが、20年の間に、

 

幼稚園・保育園以外で友だちと遊ぶ未就学児が半減しており、友だちよりも母親と過ごす時間が増えていることがわかった、

とのこと。

 

つまりは、

地域の子ども同士で鬼ごっこなどの外遊びをする機会が減ってきて、親との時間だけが増えている

ということなのです。

 

これが意味することは何でしょう。

 

私は”過干渉”の時間だけが増えてしまうのではないかと心配しています。

 

親はわかっていても、子どもに関わり合い過ぎてしまうもの。言わなくてもいいことをつい言ってしまい、それが結果的に子どもを委縮させ、積極性を失わせたりします。これが過干渉です。

 

子ども同士で外で遊んでいる分には、子どもだけの世界で広がっているわけですから、親は介在しません。

 

けれども、親との過ごす時間が増えることで、子から親への依存度が高くなり、それに親も応じることでお互いに依存関係が強まりそうな予感がしてなりません。

 

結局は自分で考え行動しなければ、子どもは達成感を得られないまま大きくなってしまいます。そうなった場合に一番不幸になるのは、ほとんど成功体験がないまま育ってしまったその子どもです。

 

最近、どこの子育てセミナーに行っても聞かれる言葉は、

「現代の子どもたちの自己肯定感が低い」

ということ。

 

もしかしたら気づかないうちに自分たちがそうした環境を生み出しているかも、と思うと少し怖くなります。

 

子どもには子どもだけの世界があります。出来る限りこうした世界を大事にし、広く羽ばたいていく準備を子ども達自身でしていってほしいものです。

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す