自然体験イベントで見られた子どもたちの生き生きとした姿に外遊びの楽しさと重要性を見た

先日、とある自然体験イベントのお手伝いをしてきました。

埼玉県のときがわ町という、東武東上線の武蔵嵐山駅から車で20分くらいのところで、約10家族37名の参加するイベントでした。

内容は

・きこり体験(自然の山の中で木を倒すのを体験

・川のほとりで炭火でBBQ体験

・薪割り体験と焼き芋づくり体験

 

といった、普段自然に接することの少ない子どもとその家族を対象にしたイベントでした。

指導したのは、日本焚火コミュニケーション協会の三宅哲之さん

都会では縁遠くなってしまったたき火を通じて、コミュニケーションを図っていこうという試みをされている「たき火のプロ」です。

 

今回私も、三宅さんのお手伝いすることになりました。

私の主な役割は、BBQ会場にて、炭で火をおこし、赤く燃え上がった炭を各家族のかまどに配って、ガスではない自然の火でご飯を食べる楽しさを伝えるお手伝いをしたり、薪割り体験の時の写真撮影。こうした活動を通じて、数々の家族の笑顔に接することが出来ました。

 

各家庭では、お父さん達が先頭に立って、トングを持って火をいじり、焼きあがったお肉を家族に配る姿が見られました。まさしくたくさんのお父さん達がヒーローになっていました。

 

そして、多くの子どもたちにとって、自然の火に接する機会が珍しかったように映りました。

 

現在43歳の私が子どもの頃は、まだ庭先で庭で刈った草木をたき火で燃やして、その灰で焼き芋などを作って自宅で食べたものでした。

 

ところが最近都会では自宅でたき火をする家庭などほぼ皆無になってしまいました。それだけ現代の子どもたちと火が縁遠くなってしまっているんだなぁ、とこのイベントを通じて強く感じました。

 

でも、とにかく、テレビもゲームも無い世界で自然に触れ合うことで多くの子どもたちとその家族がキラキラしている姿が見られただけでとても嬉しくなりました。

 

我が家でも年に数回は、近くの大きな公園でBBQをしています。

今度また出かけたくなりました。

, , ,

Post navigation

林 大岳

地図の力で「考える力」を伸ばす 地図育®コンサルタント フィンランドの教育思想に感銘し、地図を持って進んだ自身の経験を活かし独自の教育メソッドを開発。 2児の小学生の父親として多くの教育情報に触れ、300件以上の 書籍や文献、関係者への取材を敢行し知見を蓄える。 1972年生まれ東京出身。 ワークショップデザイナー オリエンテーリング・インストラクタ

コメントを残す