お城の地図があれば、想像力を楽しく豊かにできる

私は地図やオリエンテーリングとともに日本史が大好き。

 

特に戦国時代が好きなのですが、好きなもこそ上手あれ、大学受験ではいつしか得意科目に。

 

今は忘れましたが、鎌倉、室町、徳川の歴代幕府の将軍名、明治以降の首相名など全部覚えていました。

 

一回だけ予備校の模試で、日本史だけ上位成績者として氏名が発表されたこともあります。

 

日本史、特に戦国史を語る上で欠かせないのがお城。

 

今も昔も立派な天守閣は人気が高いですよね。

 

私が好きなテレビがあります。

BS朝日「日本の城 見聞録」

(毎週木曜日・22時〜)

http://www.bs-asahi.co.jp/shiro_kenbunroku/index.html

という番組です。

 

この番組、何が面白いかというと、お城を観光名所としてではなく、本来の軍事施設と捉え、解説してくれていること。

城の中で、櫓など各施設や敷地の配置の仕方を「縄張」というのですが、

城を作った側が何を意図して縄張りをし、どのように攻められたらどう対処しようとしていたか、を現地ロケで解説してくれるのです。

 

ひとつの例です。下の写真を見てください。

IMG_3925

ご存知の方も多いと思いますが2015年の大改修で話題になった姫路城。

別名「白鷺城」と呼ばれる美しいお城です。

 

この姫路城、もう少し俯瞰して全体の縄張、すなわち、各施設や敷地の配置を見てみるとこうなります。

 

これもひとつの地図です。

 

IMG_3924

天守閣だけでははなく、様々な建物や施設が複雑に入り組んでいるのがわかりますよね。これら全体を「城郭」と言います。

 

広い敷地に大勢の敵兵を集めて一斉射撃で一網打尽にしたり、細い路地を歩かせて少しずつ倒したりと、守備側の色々な意図が読み取れます。

 

例えば細い路地の写真がこちら。

IMG_3926

壁に三角形の穴が開いているのに気付きますか?

 

これは「狭間(さま)」といって、この隙間で横から鉄砲を撃ったり、弓矢を射って敵の進行を食い止めるのです。

 

こんな風に、一言で「城」と言っても実は天守閣だけではありません。

 

先ほどの「縄張」が描かれている俯瞰図はまさに地図そのもの。

 

自分が戦国武将だったら、どう攻めるか、あるいはどう守るか。

 

こんなことを考えながら見てみると想像力が沸き立ちます。

 

そして、時間が出来た時には現地に足を運んでさらに想像を膨らませる。

 

 

地図があれば想像力豊かに時を越えて、歴史ロマンに楽しくどっぷり浸かることも出来るのです。

 

 

 

, , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育プロデューサー(44歳・男性)。 学生時代に競技オリエンテーリングに出会う。普段は鈍足なのに、地図読みが得意であったため、オリエンテーリングになると上位になれることからどっぷりハマり、いくつかの競技大会で上位に食い込む。 しばらく競技からは離れていたが、2児の父親となり、子どもの心身の成長に何か役立てないかと考えていたところ、地図の持つ奥深さを思い出し、「地図を使った子育て」を思い立ち、我が子に実践。 現在は、年に数回、オリエンテーリングの個人競技大会に出場する一方で、地図を使って「地図を使って、子どもが自ら考えて動ける力をつける」地図育を準備中。近々「親子向け地図育ワークショップ」を展開予定。

コメントを残す