子どもと自然の中で過ごすと、成長が見られて嬉しい

先日日曜日の話です。またまた友人の主催する自然体験教室に、うちの子2人(7歳女児・4歳男児)を連れて参加してきました。

今回は秋の公園で「どんぐりを拾って、どんぐり図鑑をつくろう」という内容でした。

朝10時に集合し、参加したのは我が家を入れて3組。子どもは合計5名でした。

簡単な自己紹介も終わり、公園の中へ。

いやあ、どんぐりってこんなに種類があるのだと初めて知りました。

「マテバシイ」「クヌギ」「カシワ」「ピンオーク」

一言でどんぐりと言っても形は様々。

細長い「マテバシイ」は食用にもなるということで皆で割って食べてみることに。

確かに、拾った直後は無味ですが苦さなどは全くなく、塩など味付けすれば十分に食べられる。

リスなどもこのマテバシイをエサにしているそうです。

先生によると、実は栗もどんぐりの仲間。味がおいしいどんぐりが栗なんだそうです。

なるほど。

子ども達も初めてどんぐりを食べてみて不思議そうな顔をしていましたが、こんな体験ができるのもこうした教室にきたからこそ。良い体験をしました。

たくさんどんぐりを集めた後はみんなで「どんぐり図鑑」づくり。

工作キットをつかって、思い思いに画びょうと糊でボードにどんぐりを貼りつけていきました。

写真に使ったのは一緒に参加した別のご家族のお父さんの作品。素晴らしい出来ですよね。

熱心に工作に励む子ども達を見て、また一つ自然の中で学び成長したことに喜びを感じました。

やっぱり子どもの成長した姿って、自分を気持ちよくさせてくれますよね。

これからもどんどん外に連れ出して、一杯自然の刺激のシャワーを浴びさせたいと思っています。

, , , , ,

Post navigation

林 大岳

地図の力で「考える力」を伸ばす 地図育®コンサルタント フィンランドの教育思想に感銘し、地図を持って進んだ自身の経験を活かし独自の教育メソッドを開発。 2児の小学生の父親として多くの教育情報に触れ、300件以上の 書籍や文献、関係者への取材を敢行し知見を蓄える。 1972年生まれ東京出身。 ワークショップデザイナー オリエンテーリング・インストラクタ

コメントを残す