子どもの成長のためには、知識は貯めるのではなく使うことで意味が出てくることを教えたい

小2の娘は学校で掛け算を習っている真っ最中。

自宅の風呂場には、九九の一覧表なども張ってあり、家族も応援体制です。

どうやら九九を覚えやすくする替え歌も子ども達の間で流行っているようで、

「アルプス一万尺」「サザエさん」のメロディーの乗せて3の段、4の段などを軽快に覚えていきます。

そのうち、お姉ちゃんが歌っているのを聞いて、5歳の息子までがこの替え歌を覚えてしまいました。まだ文字の読み書きもできないくせに、3の段は完璧です。

ただ、これで掛け算が出来るようになったと言えるのでしょうか?

お風呂に入りながら、「掛け算がわかるんなら、オセロのマス目の数はわかる?」と聞いてみました。

以前娘とオセロ対決をした際、娘は一つ一つ数えていたので、8×8の64マスだということに気付いているのか確認してみました。

ところが、娘は「わからない」という答え。

つまり、九九の計算式として「8×8=64」だということは「文字」や「音」としてはわかっている。ただしそれが実生活にどう使えるのか、というところまではイメージというか理解できていなかったことがわかりました。

要するに「頭でっかち」の状態です。

もちろん、まだ習い始めですし、まずは九九を音として習うのは基礎中の基礎ですから、それをどう使うのか、という学習はこれからなのかもしれません。

ただ、世の中には、とりあえず、吸収の良い子どもの早い段階になるべく多くの知識を入れようとする保護者の方がいて、それで成り立っているビジネスが数多いのも事実。

■アウトプットをイメージしてインプットする

どうやってアウトプットするか、ということをイメージできていなければ、どんなに勉強してもそのインプットはあまり意味をなさない、という人もいます。

たくさんの知識を獲得することは大事なことですが、それはあくまでも手段。

その知識を使って、実社会にどう生かしていくのか、その「知恵」の方が多くの場合、求められるのです。

実はこの「知恵」はペーパーテストでは測りにくいもの。

普段の生活の中、特に子どもの場合は友達との外遊びの中から得られるものが多いのです。

いまはまだまだ子ども同士の交流・対話の中からこうした「生き方の術」を学んでほしいものです。

, , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育プロデューサー(44歳・男性)。 学生時代に競技オリエンテーリングに出会う。普段は鈍足なのに、地図読みが得意であったため、オリエンテーリングになると上位になれることからどっぷりハマり、いくつかの競技大会で上位に食い込む。 しばらく競技からは離れていたが、2児の父親となり、子どもの心身の成長に何か役立てないかと考えていたところ、地図の持つ奥深さを思い出し、「地図を使った子育て」を思い立ち、我が子に実践。 現在は、年に数回、オリエンテーリングの個人競技大会に出場する一方で、地図を使って「地図を使って、子どもが自ら考えて動ける力をつける」地図育を準備中。近々「親子向け地図育ワークショップ」を展開予定。

コメントを残す