子どもを心身ともに成長させる睡眠時間ってどれくらいだろう? | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

子どもを心身ともに成長させる睡眠時間ってどれくらいだろう?

外遊び

最近私の仕事の方が忙しくなってきました。

昨日は数日後に迫ったクライアントとの打ち合わせ内容について18時から打ち合わせがはじまり、1時間半話し合い、その後2時間ほど自席のPCにて資料作成作業をおこないました。

昨日の帰宅時間は11時半頃。

40歳を過ぎてからは睡眠時間の確保を相当気にしており、この時間の帰宅はそれから風呂入ったりすることを考えると、翌日に少し影響が出るパターン。やはり寝ないと人間はダメです。やっている時は良くても、翌日頭がぼーっとしてしまい、こなした仕事の質の面でいったら低下する場合がほとんどです。

 

そんなことを思っていたら、フト、子どもの睡眠時間はいまどのくらいなんだろう?と思い、調べてみました。

サンクロレラ、という健康食品を販売している会社が、小学生の子供をもつ女性約600人に聞いた調査結果を見つけました。

約半数の小学生の睡眠時間が8~9時間、という結果でした。

これって多いのか?少ないのか?と思い、他のサイトを見てみたところ、6~12歳だと10~11時間が目安、とのこと。もちろん個人差はありますが、概して、現代の小学生は睡眠時間が短い、ということのようです。

まあ、小学生も高学年になると、塾にも通いますし、一概にそれが悪い、といは言えませんけど、先ほども書きましたが、寝不足になると、人は理解力が極端に落ちます。

寝不足になると、脳細胞の一部が破壊されるんだと言う人もいました。

それが本当かどうかはわかりませんが、頭が働かなくなるのは経験上わかります。

子ども達が塾などで睡眠時間が削られてしまうことが致し方ないとなると、次に考えなければならないのは「脳の休め方」なんだろうと思います。

疲れている脳を休ませるには、ゆっくり寝かせるのもいいかもしれませんが、やはり子どもらしく外遊びする、というのも手かもしれませんね。

時間が経つのを忘れるほど遊ぶ、ということも脳をリフレッシュさせるには必要なことなんだろうと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました