子どもの外遊び、どこでやる? | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

子どもの外遊び、どこでやる?

外遊び

今朝(6/30)の日経新聞の都内版ににこんな記事が出ていました。

都内で園庭のない保育所が増えたことで、自治体が子どもに外遊びする機会を増やす取り組みを始めた、

というものです。

 

これは待機児童の問題に次ぐ、結構な問題だと思うのです。

 

共働きの夫婦にとって、子どもをどこに預けるのかということは大問題。

 

さらに預けたら預けたで、今度はどうやって健やかに育てるか、という問題を突き付けられたようなものです。

 

休みには子どもを外に連れ出してあげたいけれど、働いているお父さんお母さんにとっても身体を休める大事な時間。

ついつい子どものことは後回しになってしまうのではないでしょうか?

 

各自治体が対策に乗り出した、といっても親子で過ごす時間ほど濃密なものを作り出せるとは思えません。

 

無理に遠くに足を延ばさなくてとかしなくてもいいと思うんです。

 

そして子どもを連れ出すと自分のためにどんな嬉しいことがもたらされるか考えると、きっと心も軽くなると思うんです。

 

例えば

「子どもの歩く距離が伸びる姿を見る」といった子どもの成長を楽しむことや

「歩くとダイエットになる」といった自分自身へのメリットなど。

 

 

近くのスーパーにいって、魚屋さんに行けば、子どもが見たことない魚や貝なども並んでいるはず。

「これはね○○といってね、北の海に住んでいるんだよ、あとで図鑑でも見てみようか」

などと子どもに新しい発見をするよう導きながら買い物を進めるとあなた自身の気分転換にもなるはずです。

 

無理せず、気軽に。こんなことを繰り返していくと、いつの間にか子どもが成長していることに驚かされるはずです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました