高濱正伸さんの講演会に出席して感じた”父親だからできる子育て”の重要性

昨日は、私が勝手に師事する「花まる学習会」の高濱正伸さんの講演会に出席する機会に恵まれました。

埼玉の大ホールには、満員でありませんでしたが、おそらく2~300人のお父さんが来場していました。

今回の講演会は「女人禁制」。お父さんだけに子どもの成長をうまく促すコツや考え方を高濱さんが具体例を元に教えてくださいました。

講演会のタイトルは「父親だからできること」。

高濱さんがおっしゃっているのはこれからの激変の時代、子ども達に求められるのは、基本的な学力の他に、逆境に耐えられる精神力や新しいモノを作り出す創造力、周囲の人々と関わり合うコミュニケーション能力、規範意識など、総合的な「人間力」だと言います。

その基礎となる幼児期、具体的には4つ~9つの「つ」の時期にどれだけ基礎的な考え方を提供できるかが大事だということを何度もおっしゃられました。

「”つ”のつく時期は神の子」だそうです。どんなに親に厳しく言われて泣いても、翌日にはケロッとしてまた甘えてくる。親が叱ったことで罪悪感を感じていても素敵な笑顔でその罪を忘れさせてくれる、そんな意味で「神の子」なんだそうです。

こんな純真でなんでも素直に受け入れてくれる時期だからこそ、基本的な素養や考え方・行動の基礎を親として提供しましょう、ということなんだと思います。

高濱さんは「多少のもめごとは肥やし」とおっしゃいました。色々あるから強くなるんだ、と。

本当にそう思います。

守ってばかりでは何の免疫力もないまま、大きくなり、打たれ弱い人間になってしまいます。

多少のかすり傷、多少のぶつかり合い、こんなことも幼少期でもとても大事なんだと思います。

考えてみれば、私が経験してきた競技オリエンテーリングの競技中はトラブルの連続です。

勘違いによる地図の読み間違いは頻繁。

3つ先の尾根を右に曲がるはずが、数え間違えてその1つ手前の尾根を降りてしまって現在地がわからなくなってしまったり。

けれども間違えて、また振り返れば、自分の何がまずかったのかが分かり、次に生きるんです。

守られてばかりだと、自分の成長すべきポイントがよくわからないまま腹落ちせず、結局成長しないまま大人になる。

これが一番怖いんだと思います。

少々のもめごとはむしろ人生必須。恐れずに子どもをどんどん前に出したいと思います。

 

 

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す