子どもを大きく成長させるためには、「まずは触ってごらん」という体験がとっても大事:「さわ知り100」サイトから学ぶ

一つ子を持つ親として非常に「そうだよな」と思わせるサイトががありましたのでご紹介します。

それはさわる知り100という企画もののサイト。

朝の通勤途中に電車内のCMを見て、興味を持ち早速覗いてみました。

そうしたら非常に奥が深い。

このサイトのテーマは「知ったつもりにならないでリアルにさわってみたい日本の100」。

様々なモノ・食べ物・生き物・液体などに子どもや大人が実際に手で触ってみて、その触った瞬間の反応を動画や写真付きのレポートで紹介していました。

 

どんな内容かというと、

例えば、

・タコに触る

 

 

・トナカイの鼻に触る

 

 

・速球に触る

(大人がバッティングセンターで140キロの速球をグローブで受け止める)

 

 

・源泉に触る(山奥の秘湯に行き、熱い源泉に触ってみる)

 

など内容さまざま。

この動画を作ったのは手の擦り傷やひび・あかぎれなどの塗り薬、オロナインH軟膏の大塚製薬。なるほど納得です。

「手で触る」ことに徹底的にこだわり、何かに手に触れた瞬間の驚きや喜び、もしかしたら時には痛みや恐怖を感じる一瞬へのこだわりを感じます。

■過保護すぎると子どもの「手で触る」実体験の場を奪っている

このサイトは楽しめると同時に、子を持つ親として、実体験の重要性とともに、自分達の子育てが過保護すぎやしないか、ということに気付かせてくれます。

「あれは汚い」「触ると汚い」

子どもが実体験する前に、こんなことを親が先回りして言いすぎると、何も体験しないまま終わってしまいます。そしてその結果、知識だけはある、頭でっかちな子どもになってしまいます。

もちろん、明らかに危ないものや、病気がうつるものは対象外ですが、

多少汚れても手を洗えば問題ものだったら、どんどん触らせてあげた方が、子どもの人間としての成長としては大きなプラスなんだろな、ということをこのサイトで感じます。

世の中、インターネットが溢れ、検索をすれば、世界中のあらゆる情報が自宅で手に入りますし、知識も増えます。

けれどもやはりリアルに身体で感じ、それを自分なりの言葉で表現しないと、本人のモノにはならないのだと思います。

こう書くと、なかなか時間やお金の制約があると出来ないのでは思いますが、このさわる知り100というサイトを見ると、身の回りのちょっとしたことが子どもにとって大きな経験になることに気付かされます。

例えば、冬ならば「霜柱に触ってみよう」夏には「セミに触る」なんてすぐに出来ますよね。

題材はあなたのおうちの周りにいっぱいあります。

大事なのはあれこれ言わずに「まずやってみること」

こんなデジタル社会だからこそ頭で考えるよりまず実体験が大事。

我が家でも、まずは「やってごらん、触ってごらん」という声かけを心掛けたいと思います。

, , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す