わが子の行動力を高める地図の力

■自分の行動を決められない子ども達

 

夏休みも半分くらい過ぎました。

あなたのお子さんは毎日どのように過ごしていますか?

 

そして、毎朝起きたら、親のあなたとその日の行動についてどんな会話をしていますか?

 

宿題やら自由研究など、学校から出された課題はまだ残っていますか?

残った課題があるにも関わらず、

 

「今日はどうしたら良い?」

「私は何したら良いの?」

「今日何したらいいかわからない

 

こんなことを毎日言っていませんか?

 

そんな質問が子どもからあなたに出てきたら要注意

あなたのお子さん、「自分がやるべきこと」に気づけてません。

 

 

■自分への質問が「次の行動」を決める

 

先ほどの、

 

「今日はどうしたら良い?」

「私は何したら良いの?」

 

といった質問、親ではなく、心の中で、自分に対しておこなわれているのであればOKです。

 

他人から安易に答えを求めるのではなく、自分から答えを導き出す。

 

そのために必要なことは

 

自分へ質問をする

 

という機会です。

 

「いまの自分だったらどうする」

「いまの自分に何ができる?」

こうした質問を自分にぶつけられることが、わが子の思考力を高め、行動の積極性にもつながります

 

■「自分への質問」をする機会を奪いがちな「検索社会」

 

ところが現代は、「自分に質問する」機会が急速に奪われています。

 

ネットでは、検索窓に知りたいワードを入れれば、たくさんの情報が出てきますし、

最近では、AIまで出てきて、このCMのように声で問いかけるだけで、モノの数秒でコンピューターが答えてくれる時代です。

 

便利な時代だからこそ、わが子が自分に問いかける機会をつくる

 

これこそが、IT社会の新しい親の役割です。

 

 

■「地図を持って歩く」ことは絶好の機会

 

地図育では、

「地図を持って、目的地を目指す」

ということを通して、

子どもが「自分だったらどうするか」ということを問いかける機会をつくっています。

 

スマホなどの電子機器は一切使いません。

 

紙の地図を持って、ゴールを目指す。

 

やってもらうこと自体はとてもシンプルですが、

だからこそ慣れていないと難しい。

 

学校の宿題や、ドリルの穴埋め問題で、

1つだけの正解だけを求められることにいつも慣れている子は、

「自分だったらどうする」ということを考えることが難しいようです。

 

 

だれも正解を持っていないことに対して、自分なりの答えをひねり出す。

そのために「自分だったらどうする?」という問いを自分自身にぶつけるには

「地図を持って歩く」という行為は、具体的で、すぐに行動に移せる上に、楽しい行為。

 

地図は、

子どもの「自分への質問力」を高める絶好のツール

なのです。

 

■まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

子どもの行動力を高めるためには、子ども自身が「自分への質問」をすることが大事で、

そのためには「地図を持って目的地を目指す」ことがとても有効だ、というお話をしてきました。

 

どんどん便利になっていくAI時代だからこそ、考えたいですね。

, , ,

Post navigation

林 大岳

地図育®コンサルタント(1972年生・男)。 一人でも多くの子ども達に、「自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育講座・ワークショップを主宰。 小学4年生のときに、北欧生まれの競技スポーツ、オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。 大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感。 この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育®』を開発。全国の児童に普及する活動を展開中。 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 【保有資格】 ・ワークショップデザイナー ・オリエンテーリング・インストラクタ 【連絡先】contact@mappower.jp

コメントを残す