子どものいいところ、どれだけ言えますか?

今日発生した東京の地震、大変びっくりしました。朝方うとうとしている時に突然やってきました。

「あれ少し揺れている?」と思った瞬間、ズドン!と落とされた感じ。

まるでテーマパークでフリーフォールの乗った時のようでした。

慌てて隣の部屋で寝ていた子ども達の上に覆いかぶさりました。

上の娘はさすがの衝撃に驚いたのか泣いていましたが、あっという間に元気を取り戻してくれたので安心しました。

 

ところで、あなたは自分のお子さんと接している時、どんなことを気を付けてお話ししていますか。

私の4歳の息子はレスリングを習っているのですが、そのスクールでは1時間の練習時間は他のお子さんのお父さんお母さんがすぐ近くでずっと見学できるようになっています。

熱心な方が多く、「頑張れ!」と声をかけているのですが、時々「そんなんじゃダメだろ!」と出来ていないことを強く言う方もいらっしゃいます。そういう方は休憩時間になると一目散に子どものところに駆け寄り、厳しい口調と表情で何が出来ていないか、強く言います。ちゃんとコーチがいる横で。

そうなると子どもがだんだん元気が無くなってくるのがわかります。

休憩後はチラチラその親の方を見たり、少し自主性が損なわれているのが感じられます。

もったいないなぁ、と思うんですよね。出来ないことが多いのは当たり前。出来なければ出来るように繰り返し練習して習慣化すれば、大抵のことは出来るようになると思うのです。それを一時のところで怒ってしまって、本人のやる気を削ぐようなことは、結果的に何も生み出さない気がするのです。

私の大好きな歌で、絢香の「にじいろ」という歌があります。

その中で私が大好きなパートが

なくしたものを数えて
瞳閉ざすよりも
あるものを数えた方が
瞳輝きだす

というところ。

 

いま出来ていないことを強く言うのではなく、今できていることを認めてあげたうえで、

次に何をすべきなのかを一緒に考えてあげる。

これを本来子どもには提供していきたいなぁと思っています。

私自身、親からはかなりネガティブチェックをされながら育ってきましたので、そう言われた育ってきた子どもがいかに自尊心持てないままに大きくなっていくかがわかります。

結局自分が何者なのか、自分のやっていることは正しいのかどうかがわからなくなってしまうのです。

でも本当は「正しいか正しくないか」、という「正解」ではないんですよね。

「自分がやりたいか、やりたくないのか」「自分でやるのか、やらないのか」

結局これでしか人は動きようがないと思うのです。

私が勝手に尊敬する藤原和博さんは「正解主義」の弊害を常々おっしゃっています。

もはや正解なんてない時代なんです。

何が「普通」なのかがわからない時代なんです。

だから誰かが勝手に「正解」と思っている小さな枠組みに、無理に自分の子どもを押し込もうとするのは止めましょう。そもそも無理がある。

 

そんな不安定な未来に、子どもを大きく動かすのは「好奇心」と「自尊心」。

このベースだけはしっかりと育てていきたいな、と思っています。

→絢香「にじいろ」の全歌詞はこちら

 

 

, , , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す