「子どもにまかせてみる」が、我が子を強くする

「君と新しいプロジェクトの責任者に任命する。しっかり頼むよ」

「はい、頑張ります!」

 

こんなシーン、ドラマや映画で見たことないでしょうか?

 

自分の頑張りをきちんと見てくれていた人がいて、

その頑張りが評価され、抜擢される。

 

見ていてかっこいいし、張り切る社員の嬉しい気持ちが手に取るようにわかります。

やはり、人に信頼される、というのは嬉しいものです。

 

では、わが子に対してはどうでしょう?

 

何かにつけて心配で、ついつい親心で余計な口出し、手出しをしてしまってはいないでしょうか?

 

実は私の両親、特に母親がそういう人でした。

 

幼い頃から息子(私)の至らぬ点が目についてしまうのか、私が何かをしようとすると、あれしなさい、これしなさい

とやる前から言ってきます。

 

それはアドバイスというよりも、ほとんど指示。

 

自らが取り組む前に指示が出てしまうので、考える余地がありません。

そして、その指示に従わないと、露骨に嫌な顔をされるので仕方なく従う。

 

このような態度を親にされると、子どもながらに

「自分は信用されていないんだな」

と思ってしまいます。

 

 

そしてそれが繰り返されると、「いつまでも信用されないダメな自分」を感じてしまい、

いつまでも自信が持てません。

 

そんなので良いのでしょうか?

 

良いわけありません。

 

近頃の教育現場では、

自己肯定感の低さ

が大きな問題になっています。

 

自分自身を信じることが出来なければ、生きていく上で大きなことも成し遂げられませんし、

第一、面白くありません。

 

だからこそ生活の基盤となる家庭内において、自信を築くことはとても大事なのです。

 

■わが子に自信を築かせるには、「まかしてみる」場面をつくること

 

わが子に自信を持ってもらうために必要なこと。

 

それは「まかしてみる」場面を多くつくることだと思います。

 

・ひとりでおうちの家の中のごみ拾いをまかせてみる

・ひとりでお風呂そうじをまかせてみる

・ひとりで包丁で果物を切るのをまかせてみる

・ひとりでスーパーに買い物をまかせてみる

 

簡単なものから、少し難易度が高いものまで日常生活には「子どもにまかせてみる」機会はあふれています。

 

ちょっとしたことでも、まかせて、その間は黙って見ている。

 

それだけで、子どもは責任感を持つはずです。

 

またまかされることで、なにかしら「自分で決断する」場面が必ず出てきますので、決断力を養うことにもつながるはずです。

 

■親子地図育ワークショップで目指すのも「子どもにまかせてみる場づくり」

私が主宰する「親子地図育ワークショップ」の狙いの1つも「子どもにまかせてみる場づくり」です。

 

このワークショップでは、まず親子一緒に大型公園内でミニオリエンテーリングをおこなっていただきますが、

実際にやるのは子ども。

 

親にはお子さんの後を黙ってついていっていただき、どうしても迷って動けなくなってしまったときにだけ、

自分たちのいる場所を一緒に考えてもらうようにしています。

 

 

つまり、「子どもに道案内をまかせる」ことをお願いしているのです。

 

過去の親子地図育ワークショップの参加者で、実施後アンケートで以下のような回答をしてくれた保護者がいました。

 

 

このアンケートからは、

・普段から親が口出しをすることが多すぎる

・もっと子どもに考えさせる場面を作らなければいけない

 

という気づきが親側にあったことがわかります。

 

一緒に歩き、子どもにまかせることで見えてくることがあります。

 

子どもの自立、責任感、自信

 

そういったことを大事にしたい方は、ぜひ「子どもにまかせてみる」機会を多くつくるようにしてみてはいかがでしょうか?

 

地図育もまたそのお手伝いをしたいと思います。

 

, , , ,

Post navigation

林 大岳

地図育®コンサルタント(1972年生・男)。 一人でも多くの子ども達に、「自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育講座・ワークショップを主宰。 小学4年生のときに、北欧生まれの競技スポーツ、オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。 大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感。 この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育®』を開発。全国の児童に普及する活動を展開中。 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 【保有資格】 ・ワークショップデザイナー ・オリエンテーリング・インストラクタ 【連絡先】contact@mappower.jp

コメントを残す