小さなことからコツコツと。目標達成のスキルは地図で学ぶ

■あなたのお子さんの将来の夢はなんですか?

あなたのお子さんの将来の夢を聞いたことがありますか?

 

第一生命が毎年1月に発表している。保育園・幼稚園児から小学校6年生までを対象にした

「大人になったらなりたいもの」のアンケートによると、

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2017_058.pdf

 

男子は

1位 学者・博士

2位 野球選手

3位 サッカー選手

 

女子は

1位 食べ物屋さん

2位 看護師

3位 保育園・幼稚園の先生

 

だそうです。

 

ちなみに、小学5年生になる私の娘の将来の夢は「小学校の先生」になることだそうです。

目標を向かって、行動することはとても重要なことですね。

目標に向かって、自分が何をすべきか、すべきでないのか。

 

1つの行動指針ができますので、目標に向かって努力することで、目標を持たない状態よりも高いレベルの結果が出ます。

 

だから目標を持つことは極めて重要なことです。

 

■大きな目標達成は、「小さな目標達成」の積み重ね

大きな目標を達成した人と言ったら、そうイチローです。

 

彼は日米通算4000本安打を達成した直後に、つぎのようなコメントを残しています。

 

”ここまで来て思うのは、

まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば、

 

最初は手が届かないと思っていた目標にも

やがて手が届くようになるということですね”

 

 

さすがイチロー、心にのこる言葉を残してくれています。

そう、夢を夢のままで終わらせないためには、何かを行動しなければいけません。

 

でも何を?

 

それは、

目の前の小さな目標を1つ1つクリアしていくことです。

 

 

いきなり大きなことを達成することは出来ませんから、目標に向かってやるべきことを小さく細分化し、

それを1つ1つクリアしていくこと

 

 

こうすることで、大きな目標達成へとつながっていくのです

 

 

■「地図を持って目的地に向かう」行為こそ、小さな目標達成の積み重ね

 

この「小さなことからコツコツと」という考え方、口ではわかっていてもどういうことかを子どもにわからせるのはなかなか大変です。

 

そんなときに、地図を使ってほしいと思います。

 

たとえば下の地図を見てください。

これは京都市内の地図です。

 

ここで想像してみてください。

あなたは京都に観光に来ていて、有名なお寺巡りをしているとします。

 

いま、あなたは清水寺にいます。

そして次は金閣寺に歩いていくことにしました。

 

 

さあ、あなたならどうやって行きますか?

すこし考えてみてください。

 

 

おそらく

 

 

「〇〇の交差点まで進み、その角を右に曲がる」

「そして今度は△△の交差点までたどり着いたら、角を左に曲がる」

 

といったことを想像され、何とかゴールの清水寺にたどり着くことができたのではないでしょうか?

 

 

実はこの

「交差点を見つけて曲がる」という行為が「小さな目標達成」となり、

「小さな目標達成」が積み重なって、

 

最終目標である

「目的地に到着」

ということにつながったことはおわかりいただけると思います。

 

 

つまり、最終ゴールを目指すのに必要な、

・小さな目標を自分で設定し、

・1つ1つクリアする

 

という行為を五感を使って学ぶことができるのが「地図を持って目的地に向かう」行為なのです。

 

夏休みが始まると、

「夏休みの計画を立てなさい!」

と大声をあげてしまうお父さんお母さんもいらっしゃると思いますが、

 

計画を立てる、とはどういうことなのか。

大きなゴールを達成するには何をしなければならないのか、

 

「地図を持って歩くこと」で子ども達が身を持って学ぶことができるのです。

 

, ,

Post navigation

林 大岳

地図育®コンサルタント(1972年生・男)。 一人でも多くの子ども達に、「自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育講座・ワークショップを主宰。 小学4年生のときに、北欧生まれの競技スポーツ、オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。 大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感。 この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育®』を開発。全国の児童に普及する活動を展開中。 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 【保有資格】 ・ワークショップデザイナー ・オリエンテーリング・インストラクタ 【連絡先】contact@mappower.jp

コメントを残す