子どもをひきこもりにしないために親として出来ること

昨日のNHK「クローズアップ現代プラス」の特集は、

トラブル続出 ひきこもり “自立支援”ビジネス

でした。

 

内容は、

子どもが長年ひきこもっている。イライラを募らせ家庭内暴力をふるう。こうした悩みを抱える家族に対し、「問題を解決し、子どもの自立を支援する」とうたう施設によるトラブルが相次いでいる。「就労支援プログラムを受けられなかったのに500万円を請求された」、「アパートに監禁され、殴る蹴るの暴行を受けた」などと訴える声。人々に寄り添うはずの“自立支援”ビジネスの実態と、トラブル防止に必要な方策に迫る。

子どものひきこもりは長引けば長引くほど親にとっては大きな悩みです。

早く自立してほしい。幸せな人生を歩んでほしい。

 

 

そんな悩みにつけこんで、「自立プログラム」と称して法外な金額を要求してくる悪質な業者がいる、というのです。

 

「そんなバカな」「なんでそんなことに騙されるの」

 

そんな感想をお持ちの方も多いと思います。

 

そして

「ウチの子に限って、ひきこもりになんかなるわけない」と思いたいですよね。

 

 

でも、あなたのお子さんがひきこもりにならない、と100%断言できますか?

 

認定NPO法人育て上げネットが運営する親の会「結」という団体の協力を受け、今何が親に必要なのかをイラストレーター上大岡トメさんが執筆したコミックエッセイ『子どもがひきこもりになりかけたら』(KADOKAWA)によると、

子どもがひきこもりやニートになりやすい親特徴として、以下のような点が挙げられるとのこと。

 ・子どもの回答を待たずに、先に返事をしてしまう
・家庭での雑談が少ない
・子どもの話を聴き流す、最後まで聴かない
・条件的ほめ&承認をしている
・「知力」だけを育てようとして、「感情」に目を向けない
・子どもを自分の思い通りに育てようと仕向けている
・子どもの挑戦を回避させようとしている

どれも共通していえるのは

「子どもの想いは二の次」になっていることだと思います。

 

子どもを自分の所有物かのようにコントロールする、子どもの思い通りにさせない。

 

つまりは子どもに自分で考えて判断させる機会を与えない親がひきこもりを生んでいる、と言えそうです。

 

 地図育では、地図から情報を読み取り、目的地に向かう道筋を考え、判断し、足を進めることで、子ども自身が「自分で考え、行動する力」”考動力”を伸ばすことを最大の目的です。
現代社会は、情報とモノに溢れ、教育熱心な親であればあるほど、子どもの将来を考え、何かを準備してあげようとしてしまいます。
でも、それが逆に子どもの自分で考える力と自ら動く気力を奪い、ひきこもりとなる可能性を高めているとしたら、とても悲しいことです。
子どもの人生を、そして親自身の人生を豊かにするためにも、子どもの自ら考えて行動するする力「考動力」を伸ばす機会をどんどん作っていく必要があります。
地図育塾では今後もそんな機会づくりを目指していきます。
, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す