テレビやゲームをだらだらとやり続けている時こそ、わが子の判断力の伸ばす絶好の機会

我が家の子どもたちはテレビが大好きです。

特にBSのディーライフというチャンネルで放送される海外ドラマ。

ここ数年好きなのは、

うわさのツインズ リブとマディ

http://dlife.disney.co.jp/program/disney/livmaddie.html

 

という双子のドラマのようです。

 

学校から帰宅して、大体夕方の16時くらいからずっと見てます。

途中、宿題や夕食で中断し、終わったら、今度は地上波のテレビを見始める。

 

私自身、テレビっ子だったのでそれが移ってしまったのかな?とも思うのですが、

やはり親としてはダラダラとテレビの前にいる姿は心配です。

 

こんな場面、あなたのお家ではありませんか?

 

そんな時、あなたはどんな声かけをお子さんにしていますか?

 

「早くテレビ消しなさい!」

「いつまで、テレビ見てんの、いい加減にしなさい!」

 

そんな怒鳴り声をあげている方もいるかもしれません。

 

 

でも、実はこんな場面も、ある魔法の言葉を使えば、

わが子の自己判断力を伸ばす絶好の機会となります。

 

 

 

どんな言葉かと言うと・・・

 

「テレビは何時まで見るつもり?」

 

 

つまり、

自分で終わりを決めさせる

のです。

 

 

こうすると、

「あと10分」

とか

「この特集が終わったら」

 

 

など子どもが自分でテレビを止めるタイミングを決めます。

あとは親のあなたがその答えに「OK」を出す、あるいは「それでは長すぎるからもう少し早めにして」

と言うだけです。

 

 

不思議なもので、子どもは自分自身が決めたことに対しては忠実です。

決して自分自身への約束は裏切りません。

約束通りに、時間が来たり、特集が終わったらちゃんとテレビを消して、次の行動に移ります。

 

 

 

これで親のあなたが神経とがらせてガミガミ言わなくて済むので、ストレスも少ないです。

 

ですので、

もし、あなたのお子さんがダラダラとテレビやゲームを続けているのであれば、

あなたが命令口調で、「早く止めなさい!」と怒鳴ったり、

「あと10分で止めなさい」とあなたが決めるのではなく、

 

自分で終わりを決めさせる 

 

ということをやってみてください。

 

これも子どもに「自分で決める」場づくりの1つです。

案外効果ありますよ。

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す