大人の世話のかけすぎが子どものやる気を奪う

先日帰宅すると、初めて見る水彩画がテーブルの上に置いてありました。

FullSizeRender 10

 

家族に聞くと、小4の娘が、通っている絵画教室で描いてきたものだそうです。

娘の絵は幼稚園の頃から見てきましたが、こんなに本格的で臨場感溢れる絵を見るのは初めて。

「すごいねぇ。なんかかっこよく仕上がったねぇ」

 

そんな言葉を娘にかけました。

 

いつもなら照れくさそうにはにかむ娘ですが、今回はなぜかあまり浮かない顔。

 

何故なんだろうと思っていたら、その夜子ども達が寝静まったあと妻がその訳を教えてくれました。

 

どうやら、美術大学出身のその絵画教室の先生は、どうしても子どもではなく自分自身が子どもに描かせたい方向に誘導する癖があるみたいで、作品としては確かにかなり質の高いものになるのですが、子ども自身は、というと、「自分でやった」という感覚が持てずに少し不満になるのだそう。

 

今回のこの絵もまさにそのパターンらしく、娘としては「自分が頑張った作品」という感覚が持てず、私から褒められても、あまり嬉しくなかった、ということらしいのです。

 

これって、普段の親子の会話でも同じですよね。

 

子どもにはちゃんと宿題をやっていって欲しいから、子どもには手取り足取り教え、もしかしたら答えまで教えてしまい、子どもが親が言われた通りに書くことで宿題を終わらせたりしていませんか?

 

その場は宿題が早く仕上がって、しかも答えも合っていて良いことのように思えるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

 

多少難しくても自分でトライして、やってみて、下手でもいいから自分で「出来た」と思えるところまで到達することがとても大事です。

 

それを親が勝手に子どものトライする機会を奪い、考えることをさせずにいたら、いつしかその子どもは「考えなくても良い」ことが当たり前になってしまいます。

そしてなんの達成感もないまま、自分にも自信を持てずに成長する。

 

イマドキの「自己肯定感の低い」若者の誕生です。

 

 

自分が自分を信じられずに一体誰が一番自分を信じるのでしょう。

 

 

「自分を信じてやってみる」という経験が子どもには大事なのです。

 

私の主宰する地図育塾では「親子地図歩き」で子ども主体で地図を持ちながら目的地に向かって歩いてもらいます。

 

丹念に地図から情報を読み取り、目的地にたどりつくまでのルートを考えて前に進む。

 

「決めたら進む」この繰り返しで地図と実際の風景を照合させながら「自分の判断を信じながら進む」ことが出来ないと一歩も前に進むことが出来ないのです。

 

 

あなたは自分のお子さんに「自分でやってみる」機会をどれだけ与えられていますか?

 

 

, ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す