子どもの考える力を伸ばすなら”地図思考”を育てよう

物事には常に理由があります。必ず背景があります。

そのことを意識せずに、目に見えている現象だけにその裏にある本当に深いものを見失いがちです。

大河ドラマ「真田丸」では明日4月4日に第1次上田合戦のことが取り上げられます。

この上田合戦、関ケ原の戦いの時には2回目がおこなわれるのですが、いずれも真田家と徳川家の直接対決で、少数派の真田家が知力で大軍を退けたことで、その知謀ぶりがいつも話題になります。

しかし、なぜ真田家と徳川家が戦わなければならなかったのか、その経緯まできちんと理解している方はあまり多くありません。

この「真田丸」というドラマはその経緯をきちんとストーリーの中に組み込んで説明してくれていることがとても素晴らしい。

特に「信長の野望」で有名なシブサワコウさんのアイデアを元に、3D地図で各大名の勢力図をあらわし、真田家がいかに大大名に囲まれてバランスをとらなければいけなかったのかがよくわかります。

この地図を使った説明がわかりやすくて素晴らしい、ということをお伝えしたいのではありません。

単に「小が大を制した」という面白さ以上に「なぜ小が大と戦わなければならなかったか」まで思考を踏み込めればより理解が深まり、その知識は頭の中で定着する、ということなのです。

情報は目に見える単体のものだけに気を取られてはとても浅い理解になってしまいます。

なぜそうなったのか、2つ以上の情報をつなげてその関連性を考える。

そのことで「もしかしたらこうだったのかもしれない」という新しい発想も出てきます。

「情報と情報をつなげて、その意味を読みとく」

これこそが地図思考です。

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す