地図育のススメ⑤地図から一体何を学びますか?

皆さんは「地図」という言葉を聞いてどんなイメージが湧きますか?

 

私は自分の競技オリエンテーリングで得た経験を元に、地図を使って子どもが考えて行動する機会を今後作っていきたい、と考えています。

 

一方で一般には「地図」はどんなイメージを持たれているんだろう、と思い、何人かの友人に聞いてみました。

 

すると、大勢の友人が答えてくれました。いくつかご紹介すると、
・学校の社会を思い出す
・世界地図、地球儀、冒険、地図を読む、旅、道路地図

・地図帳・社会の授業

・旅行しなくても、地図を見ながら土地を思い浮かべて脳内旅行

・どこかへ向かう時に必要なモノ、形状は紙、手に直接持って見る、宝の地図、冒険(ワンピースに影響されすぎかも)。ちなみに「マップ」だとアプリ、デジタル、画面にあるイメージ。

・宝探し、googleMAP、山登り、かさばる

 

また、女性のうち2人からは、

・地図が読めない女(>_<)、地理、指針

私が方向音痴なので難しいというイメージです。

・地図→女→読めない→Iphone map→いつも助けてくれてありがとう

 

という思いつきイメージを寄せてもらいました。

面白いですね。

地図って人によって色々なイメージがあることがわかりました。

まず、「学校の授業」のイメージ。

「学校の社会」「社会の授業」「地図帳」「地球儀」などは学校を連想させるワードです。

次に「旅・冒険」のイメージ。

「宝探し」「宝の地図」「ワンピース」「脳内旅行」など。

女性からは、ベストセラーとなった「話しを聞かない男、地図の読めない女」の影響でしょうか、「難しい」「面倒くさい」という意見が重なったことが興味深いところです。

地図は元々は地形という3次元の情報を俯瞰的に見て、大勢が同一に共有するための人間が生み出したツール。

見るだけではただの絵でしかなくて何の意味が無い。そこから必要な情報を読み取る作業を楽しめるか否かが、「冒険」的な楽しさか「面倒くさい」と思うのかの違いなのかもしれないな、と友人たちが寄せてくれたコメントを見て思いました。

 

あるものをどう使うか、得られた情報から何を得てどう使うか、地図を使って学ぶとはこういうことなのではないかと、強く感じました。

 

 

 

 

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す