絶対に知っておくべき、一流ビジネスリーダー達の「子育てポリシー」

■「隣の芝生は青い」

「あの出来のよいお子さんのお家はどんな教育をしているのか」

 

ついつい知りたくなってしまうものです。

 

そんな願望をかなえるような本が先日出版されています

「子育て経営学 気鋭のビジネスリーダーたちはわが子をどう育てているのか」(日経BP社)

Amazonの紹介文には次のように書いてあります。

 

次世代を担う若き経営者やプロフェッショナルたちは、どのようにわが子を育てているのか。
学校選びは? お小遣いのルールは? 夫婦の協力体制は?
将来の職業選択に、どうアドバイスをしている?
そして、子育てとビジネスの相乗効果は期待できるのか――。

 

興味深いところは、

 

40代以下の、次世代を担う若き経営者やプロフェッショナルに焦点を当て、

彼らがどのような意識で子育てをおこない、実際にわが子に何をやらせているのか、

を緻密なインタビューで明らかにしているところです。

 

■若きビジネスリーダーが大事にしているのは「〇〇〇」な子に育てること

 

この本に紹介されてビジネスリーダー達のことばはどれも肝に銘じておきたいものばかりです。

 

入山章栄さん(早稲田ビジネススクール准教授)は次のように述べています。

 

「組織と子ども、この2つを育てるのに共通しているのは『自己肯定感を高めることの重要性』」

 

「チャレンジングな事業に立ち向かうには、『自分はやればできる』という自信や、セルフエフィカシー(自己効力感)を備えていること・・・。これは子育てにも共通している」

 

「親の言うことを聞く子どもにだけはなってほしくない。自分の価値観で自分のことを決めてほしいと強く思います。

 

「(日本の教育で)世界で勝てるリーダーを育てるためには、総合的な判断力を養う教育を目指してほしい。それが僕の希望です」

 

また、ソラコムというIT企業社長の玉川憲さんもまた、

つぎのように述べています。

 

「知識やスキルを身につけながら経験を重ねることで、人はより自由になれるし、

自分の責任でリスクを取れる範囲が広がっていく。それが成長だと思うので、その成長プロセスはぜひ踏んでいってほしい」 

 

「子どもたちには自分の人生を積み上げていってほしい」

 

つまりは、時代を切り拓く仕事をしているビジネスリーダー達こそ、

 

「親の言いなりになる子どもにはしない」

「子どもが『自分の頭で考えて動けるようになる』」

 

ことを重要視しているのです。                   

 

こうした、若きビジネスリーダーたちが目指す子育ての考え、

それこそがまさに、「地図育®」が提供する「学び」に共通することがたくさんあります。

 

具体的にどういうものなのかは、次回お話ししたいと思います。

 

, , ,

Post navigation

折江 晃

地図育®コンサルタント(1972年生・男)。 一人でも多くの子ども達に、「自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育講座・ワークショップを主宰。 小学4年生のときに、北欧生まれの競技スポーツ、オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。 大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感。 この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育®』を開発。全国の児童に普及する活動を展開中。 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 【保有資格】 ・ワークショップデザイナー ・オリエンテーリング・インストラクタ 【連絡先】contact@mappower.jp

コメントを残す