藤原和博さんのお話しは、父親として「子ども達の力の伸ばし方」に必要なことを教えてくれる

最近、民間人から公立中学校校長を務めたとして有名な藤原和博さんの著書やお話しに触れる機会が増えました。今回は「35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画」を読んだ感想です

藤原さんは元々はリクルート出身。そこでバリバリ働いていたところ、メニエル病というストレスからくる病気にかかり苦しみました。そこから考えを少しずつ考えはじめ、価値観も変わってきたとのこと。

そして海外で組織人よりも個人としての人生を大切するライフスタイルにも感化され、「人としての生き方」に気付いたとのこと。その言葉は私に大きなヒントをたくさんくれています。

藤原さんは現代は「成長社会」から「成熟社会」へと変貌を遂げているといいます。

この変化によって何がもたらされたかというと、

・必要なのは「情報処理力」ではなく「情報編集力」

・求められるのは「正解」ではなく「納得解」を出す力

・「みんな一緒」から「それぞれ一人一人」

 

もう誰もが共通の正解なんてありはしない。テストで良い点取って、良い会社入れば自然と給料も役職も上がって、幸せな人生が送れるなんて時代は終わった。

これからひとりひとりが世の中の生き抜いていくなかで自分なりの答えを導いて価値を見出し、勝負していく。

そんなことを藤原さんは教えてくれます。

この「35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画」は、われわれ父親世代向けにこれからの生き方を示唆してくれる本ですが、これから子ども達に私たちが何を教えていくべきなのかをも考えさせてくれます。

 

実際に職場で働いている父親だから見える厳しい現実。その見聞きして感じたことを、どう子どもに伝えていくか。これこそが父親だからこそできる子育てなのだと思います。

藤原さんはたくさんの著書を書かれています。これからも随時ご紹介していきたいと思います。

 

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す