地図を読んで進む、ということは必要な情報と不要な情報を見極めること

■フィンランドメソッドで重要視されている批判的思考(クリティカルシンキング)

「図解 フィンランド・メソッド入門」という本を読んでいます。

フィンランドメソッド、とは、世界的に評価の高いフィンランド独自の教育法。

主に国語教科書で採用されている方法で発想力、論理力、表現力、批判的思考力(クリティカルシンキング)、コミュニケーション力を鍛えるのに長けており、グローバルなコミュニケーション力を訓練するのに最適といわれています。

そしてこの「図解 フィンランド・メソッド入門」は、フィンランドメソッドとはどういうものか、概略をしるにはうってつけの本です。

この本の「批判的思考(クリティカルシンキング)」を説明するページに次のような例題が掲載されていました。

【文章題:下記の文章を読んで、次の設問に答えなさい】

 

太郎君は月曜日から水曜日までの三日間で、お金を合計1000円使いました。

 

月曜日はコンビニエンスストアで250円のチョコレートを買いました。

 

火曜日は塾に行くバス代が200円かかりました。

 

では、太郎君が水曜日に使ったお金はいくらですか>

 

【設問:次の情報のうち、上記の文章題を解くために必要なものはどれですか?】

(ア)太郎君、という名前

 

(イ)コンビニエンスストア、という場所

 

(ウ)太郎君がお金を合計1000円使ったこと

 

(エ)月曜日に250円使ったこと

 

(オ)太郎君が塾に通っていること

 

(カ)月曜日・火曜日・水曜日という曜日名

 

(キ)火曜日に200円使ったこと

さあ、どうでしょうか。どれが問題を解くのに必要な情報で、どれが不要か判断つきますか?

答えは1つで済みますか?どういった条件が整えば、「水曜日に使った金額」がわかると思いますか?

情報はあればあるほど良い、という訳ではありません。

ありすぎると、思考を邪魔し、頭の中を混乱させることもあるのです。

現代社会になって、情報量は膨大となっています。

2007年に出されたデータですが、1996年から2006年の10年間で、選択情報可能量つまり人々が接することの出来る情報量はなんと530倍に増加したそうです。

その一方で、人間の情報処理能力はほとんど変わっていない。

処理しきれない情報だけが一方的に増えている訳です

だからこそ「情報の見極め」が大事。

何が必要で、何が不要か。この判断が出来ないまま思考を進めてしまうと、もしかして全く無駄なことに時間と労力をかけてしまうことさえありうる訳です。

■「情報の見極め」は地図を持って進む時にも必要な能力

この「情報の見極め」能力は、地図をもって進む場合にも必要なことです。

とりわけ、所要時間を競う北欧流競技オリエンテーリングの場合にはスピード感が大事ですから、

より一層瞬時に「情報の見極め」をすることが出来ます。

例えば、地図で行先までの道のりで、道路沿いに建っているすべてのビルの名前は必要な情報でしょうか?

交差点の名前は一つ一つ、地図上で確認しないと前に進めないでしょうか?

答えはもちろんNOです。それら全てを地図とリアルな光景で照合することはほとんどの場合意味がありません。

確認作業に時間がとられ、前に進むことが出来ません。

どこの角を曲がって、次にどこを曲がるのか。

その際に目印になるのは何か。

人が迷わないためには、必要な情報は限られたのものだけでいいのです。

多すぎる情報は進行を遅らせるだけでいいことありません。

限られた時間の中で、必要な情報だけを取捨選択出来る能力、これが地図でも学べる大きな能力の1つなのです。

時々あなたの家の近くの地図を開き、どこか目的地までの道のりを箇条書きにして作文にしてみてください。

そしてそれは人に伝わっていますか。その道案内を受けたひとは惑わずに目的地に着けますか?

 

やはりオリエンテーリングは、学べる要素がいっぱい詰まった素晴らしいスポーツなのです。

 

 

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す